コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジウレチン

百科事典マイペディアの解説

ジウレチン

1887年ドイツで開発された利尿ならびに血管拡張薬。サリチル酸ナトリウムとテオブロミンの混合剤の商品名。白色粉末,無臭で味は甘辛い。腎機能が健全で,心臓性浮腫(ふしゅ)の時,利尿薬として用いる。
→関連項目テオブロミン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ジウレチンの関連キーワード劇薬

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android