コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジウレチン

1件 の用語解説(ジウレチンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ジウレチン

1887年ドイツで開発された利尿ならびに血管拡張薬サリチル酸ナトリウムテオブロミンの混合剤の商品名。白色粉末,無臭で味は甘辛い。腎機能が健全で,心臓性浮腫(ふしゅ)の時,利尿薬として用いる。
→関連項目テオブロミン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ジウレチンの関連キーワード東京芸術大学120周年雑誌カッペレッティグラネライト脱ガラス化ガラス作用ゾブテンベルク岩玻璃玄武岩卸売物価指数改良服国民之友保安条例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone