ジェラシュ(英語表記)Jerash

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェラシュ
Jerash

ヨルダン北部,アンマンの北 35kmの町。シリアとの国境近くにあるラムサーからアンマンへの道路沿線にあり,マフラクやイルビドへの道路の分岐点にあたる交通の要地コムギの栽培やブドウの果樹園のある小さな町にすぎないが,ローマ時代はゲラサの町として知られ,丘陵地帯には神殿,円形劇場など遺跡が残り,観光地としても知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ジェラシュ(Jerash)

ヨルダン北西部にある古代ローマ帝国時代の遺跡。首都アンマンの北約40キロメートルに位置する。新約聖書に登場するデカポリス(十都市連盟)の一つであり、ゲラサと呼ばれた。ハドリアヌスの凱旋門、円形劇場、公共広場、アルテミス神殿などが残り、保存状態が良いことで知られる。ジェラッシュ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジェラシュ
じぇらしゅ
Jerash

ヨルダンの北西部、首都アンマンの北約40キロメートルにある古代ローマの遺跡。古代名はゲラサ。起源はヘレニズム時代以前のナバタイ人の時代にまでさかのぼるが、セレウコス朝時代以降は隊商都市として栄えた。2世紀に最盛期を迎えたが、そののち衰え、ユスティニアヌス帝(在位527~565)の時代にふたたび繁栄した。城壁内には、円形劇場、ゼウス神殿、アルテミス神殿、大列柱道路、アーチをもった城門などがあり、泉水堂もある。[糸賀昌昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android