コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェラシュ ジェラシュJerash

3件 の用語解説(ジェラシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェラシュ
ジェラシュ
Jerash

ヨルダン北部,アンマンの北 35kmの町。シリアとの国境近くにあるラムサーからアンマンへの道路沿線にあり,マフラクイルビドへの道路の分岐点にあたる交通の要地。コムギの栽培やブドウの果樹園のある小さな町にすぎないが,ローマ時代はゲラサの町として知られ,丘陵地帯には神殿,円形劇場など遺跡が残り,観光地としても知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ジェラシュ(Jerash)

ヨルダン北西部にある古代ローマ帝国時代の遺跡。首都アンマンの北約40キロメートルに位置する。新約聖書に登場するデカポリス(十都市連盟)の一つであり、ゲラサと呼ばれた。ハドリアヌスの凱旋門、円形劇場、公共広場、アルテミス神殿などが残り、保存状態が良いことで知られる。ジェラッシュ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジェラシュ
じぇらしゅ
Jerash

ヨルダンの北西部、首都アンマンの北約40キロメートルにある古代ローマの遺跡。古代名はゲラサ。起源はヘレニズム時代以前のナバタイ人の時代にまでさかのぼるが、セレウコス朝時代以降は隊商都市として栄えた。2世紀に最盛期を迎えたが、そののち衰え、ユスティニアヌス帝(在位527~565)の時代にふたたび繁栄した。城壁内には、円形劇場、ゼウス神殿、アルテミス神殿、大列柱道路アーチをもった城門などがあり、泉水堂もある。[糸賀昌昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジェラシュの関連キーワードたま電気自動車日傘(ひがさ)効果世界の活火山会津盆地伊豆半島イートン校甑島列島種子島ダンネームラティラナ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone