コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェロニモ・デ・ジェズース Jero´nimo de Jesu´s de Castro

1件 の用語解説(ジェロニモ・デ・ジェズースの意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

ジェロニモ・デ・ジェズース

没年:慶長6.9.11(1601.10.6)
生年:生年不詳
ポルトガルフランシスコ会士。マニラを経て文禄3(1594)年,平戸に渡来。慶長2(1597)年ペドロ・バウティスタ以下26人の殉教(日本二十六聖人)の際には,九州から畿内への旅中にあり,逮捕を免れ殉教を見守った。その後,マニラに追放されたが,翌年,島原の口之津に潜入,同年12月伊勢に隠れていたところ,徳川家康によって捜し出され,日比貿易の斡旋を条件に布教を許可された。慶長6年フィリピン総督の親書と進物を携え伏見の家康に謁したが,日比交易協定締結寸前,病に倒れ京都の修道院で没した。<参考文献>L.Pe´rez《Fr.Jero´nimo de Jesu´s,restaurador de las Misiones del Japo´n: sus cartas y relaciones》

(野間一正)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジェロニモ・デ・ジェズースの関連キーワードガルシアムニョスシスコフランシスコアルコダビラマフラ宮殿ジェロニモ=デ=ジェズスディエゴ=デ=サン=フランシスコバラハス宮崎フアン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone