コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェロニモ・デ・ジェズス Jerónimo de Jesús

世界大百科事典 第2版の解説

ジェロニモ・デ・ジェズス【Jerónimo de Jesús】

?‐1601
スペイン語読みではヘロニモ・デ・ヘススという。ポルトガル人だがスペイン世界で活躍したフランシスコ会士。1594年(文禄3)来日し,長崎,京都で布教。二十六聖人殉教事件のさいマニラに追放された。98年(慶長3)再来日して潜伏豊臣秀吉死後フィリピンメキシコとの貿易を望む徳川家康と会い,交渉の仲介役をつとめた。99年5月江戸に〈ロザリオ聖母〉教会を建て,キリスト教関東開教のきっかけを作った。1600年家康の使節としてマニラに渡り,翌年日本に戻り,家康に謁見後,同年10月没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のジェロニモ・デ・ジェズスの言及

【ゴメス】より

…1594年フィリピンに到着。98年(慶長3)二十六聖人殉教事件後の日本へジェロニモ・デ・ジェズスとともに初めて来たが,数ヵ月の後に逮捕され,国外へ追放された。1601年同じくジェロニモと再来日して京都へ行き,10年同地のフランシスコ会修院長となった。…

※「ジェロニモ・デ・ジェズス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジェロニモ・デ・ジェズスの関連キーワードヘロニモ・デ・ヘススゴメス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android