コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャイサルメル Jaisalmer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャイサルメル
Jaisalmer

インド北西部,ラージャスターン州西部の町。タール砂漠中の乾燥地に位置し,周辺は草原に覆われる。1156年,ラージプート王が築城してから発達し,城塞やジャイナ教寺院の石窟なども現存。ラクダ,ウシ,ヒツジ,ヤギなどの取り引きが盛んで,木材,バターも産する。2013年,城塞がラージャスターン州の丘陵要塞群として世界遺産の文化遺産に登録された。人口 5万7537(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ジャイサルメル(Jaisalmer)

インド北西部、ラジャスタン州のオアシス都市。タール砂漠中央部に位置する。12世紀にラージプート諸王朝の王ジャイサルによって城塞都市が築かれ、東西交易の要衝として栄えた。現在も貴族たちの豪華な邸宅が残っている。2013年、ジャイサルメル城は「ラジャスタン州の六つの丘陵城塞群」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。ジャイサルメール。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ジャイサルメルの関連キーワードデラワールフォートラージプターナバダバーグ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android