コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャコビニア Jacobinia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャコビニア
Jacobinia

キツネノマゴ科の1属で多年草または低木。熱帯アメリカに 20~40種ほど知られ,観賞用に温室に栽培する。直立性で,高さ 1m前後のものが多く,卵形または卵状長楕円形の葉を対生する。代表的な種類はサンゴバナ J. carneaで高さ 60~150cmの低木となり,花は茎頂に頭花状に密生し,花冠は紫紅色または肉色で,長さ約 5cmの唇形花冠で先端は上下両唇に分れる。日本には江戸時代に渡来したといわれるが,園芸界では旧属名のジュスチシア Justiciaと呼ばれることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャコビニア【Jacobinia】

キツネノマゴ科サンゴバナ属Jacobiniaに属する草本もしくは亜低木で,熱帯アメリカに約40種を産し,このうち日本ではサンゴバナをはじめ3~4種が鉢花としてつくられる。茎は直立性で,葉は全縁で対生し,頂部に赤・桃・黄色などの細い管状花を密散あるいは穂状花序につける。近縁の属にキツネノマゴ属Justiciaがある。サンゴバナJ.carnea Nichols.はブラジルの原産。高さは2mほどになり,茎は角ばる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャコビニアの関連キーワードキツネノマゴ科キツネノマゴ亜低木

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android