コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャラーリー暦 ジャラーリーれきTaqvīm-i Jalālī

1件 の用語解説(ジャラーリー暦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャラーリー暦
ジャラーリーれき
Taqvīm-i Jalālī

オマル・ハイヤームが,1074年セルジューク朝スルタン,マリク・シャーの命により7名の学者とともに作り上げた暦法。イスラム暦 471年ラマダーン月 10日 (西暦 1079年の春分の日) に始る太陽暦で,その正確さは 16世紀にヨーロッパで制定された現行のグレゴリオ暦をもしのぐものであったが,閏年の設定が煩瑣なため公式には採用されなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ジャラーリー暦の関連キーワード承保延久胡安国三鈷寺承保葡萄牙ボスポラス橋永超馨子内親王後三条天皇

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone