コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャレル Jarrell, Randal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャレル
Jarrell, Randal

[生]1914.5.6. テネシー,ナッシュビル
[没]1965.10.14. ノースカロライナ,チャペルヒル
アメリカの詩人,批評家。バンダービルト大学卒業後,教師をするかたわら知的で感受性豊かな詩を書き,処女詩集『他人の血』 Blood for a Stranger (1942) を発表。第2次世界大戦に参加,戦争詩『小さき友よ』 Little Friend,Little Friend (45) を書く。ほかに評論集『詩と時代』 Poetry and the Age (53) や女子大学を風刺した小説『ある大学風景』 Pictures from an Institution (54) などがある。自動車事故で死去。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャレル
じゃれる
Randall Jarrell
(1914―1965)

アメリカの詩人、批評家。人生を、そのもろさを通して眺めることが詩のテーマで、彼はそれを卓越した技巧で表現した。主著には『全詩集』(1969)がある。T・S・エリオット以来のもっとも優れた批評と評価される評論集『詩と時代』(1953)は、鋭利な直観とヒューマニスティックな姿勢を特徴とし、同時代の詩人R・ローウェルらを世に送り出すうえでも功績が大きかった。[徳永暢三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジャレルの関連キーワードノースカロライナ州アメリカ文学ステッド5月6日酒井健治ベリマン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android