ジャート(英語表記)Jāt

世界大百科事典 第2版の解説

ジャート【Jāt】

北インドのアーグラ,マトゥラーの周辺地域にすむ人々。ラージプート同様,西部インドから入ってきた外来の部族といわれている。ラージプートとはちがって,18世紀以前には王国をつくらなかったが,ムガル朝アウラングゼーブ(在位1658‐1707)の時代後期になると反乱を起こし,ムガル統治に打撃を与えるようになった。18世紀半ばごろ,スラジ・マルSuraj Malのもとで統一され,バーラトプルBhāratpurに都をおき,アーグラ,アリーガル,メーラトなどの地域からなる小王国を建設した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャート
じゃーと
Jt

インドの西部および北西部に広く居住する農耕民カースト。彼らが村内の有力カーストをなす村も多い。おおむねヒンドゥー、イスラム、シークのいずれかの宗教に属する。トランス・オクシアナ地方を原住地とする説がある。ジャート勢力の発展は、1669年土豪(ザミーンダール)ゴークラーのもと、アグラ近郊の農民がムガル帝国の地方役人に反抗して蜂起(ほうき)したことに始まる。これはすぐ鎮圧されたが、1685年以後ラージャ・ラーム(1688年アクバル帝廟(びょう)を略奪)やチャウラーマンのもとに反抗を継続し、1757年バダン・シングのもとでバーラトプル王国を樹立した。後継者スーラジ・マルの時代、ラージャスターン東部から中部ドアーブ地方にかけて支配権を拡張したが、その後衰微した。[長島 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジャートの関連情報