コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャームナガル Jāmnagar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャームナガル
Jāmnagar

インド西部,グジャラート州南西部の都市。ジャームナガル県の行政庁所在地。ラージコットの西約 70km,カッチ湾岸近くに位置。かつてのナワナガル藩王国の首都。旧市街は 1540年ジャム・ラバルによって創始され,1788年に築かれた砦に囲まれる。これとは対照的に新市街は広い街路,公園をもつ近代都市で,セメント,金属器具,繊維,製塩などの工業がある。人口 32万 5475 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャームナガル【Jāmnagar】

インド西部,グジャラート州カティアーワール半島西部の都市。人口34万2000(1991)。1540年にラージプート族により建設され,1947年の独立までナワーナガル王国の主都であった。腕輪などの貴金属装身具,絹サリー,ししゅう,更紗などの伝統工業のほか,製油・皮革・金属工業などが立地する。北西7kmにある外港ベディBediは,ラッカセイ,綿花,羊毛,真珠,水産物の集散地として名高い。【応地 利明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ジャームナガルの関連キーワードカーティアワール半島ドワールカ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android