コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャームナガル ジャームナガル Jāmnagar

2件 の用語解説(ジャームナガルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャームナガル
ジャームナガル
Jāmnagar

インド西部,グジャラート州南西部の都市。ジャームナガル県の行政庁所在地ラージコットの西約 70km,カッチ湾岸近くに位置。かつてのナワナガル藩王国の首都。旧市街は 1540年ジャム・ラバルによって創始され,1788年に築かれた砦に囲まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ジャームナガル【Jāmnagar】

インド西部,グジャラート州カティアーワール半島西部の都市。人口34万2000(1991)。1540年にラージプート族により建設され,1947年の独立までナワーナガル王国の主都であった。腕輪などの貴金属装身具,絹サリー,ししゅう,更紗などの伝統工業のほか,製油・皮革・金属工業などが立地する。北西7kmにある外港ベディBediは,ラッカセイ,綿花,羊毛,真珠,水産物の集散地として名高い。【応地 利明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジャームナガルの関連キーワードグジャラート語ダマングジャラートチャンドラグプタ[2世]ラージコートカッチ湿地グジャラート[州]バーオナガルグジャラーティー語グジャラーティー文字

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone