コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュアン Juin, Alphonse (-Pierre)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュアン
Juin, Alphonse (-Pierre)

[生]1888.12.16. アルジェリア,ボン
[没]1967.1.27. パリ
フランスの軍人。第2次世界大戦初期,ベルギー駐在第 15機動師団長であったが,1940年ドイツ軍の捕虜となった。 P.ペタン元帥の仲介で釈放され,ビシー政権の北アフリカ軍司令長官に任じられた。 42年 11月の連合軍上陸には反撃したが,のちドゴール自由フランス軍に転身。 44年6月にイタリア戦線で自由フランス軍団を指揮して,ローマ攻略に戦功を立てた。 60年アルジェリア政策で,ドゴールと離反,62年退役。 64年ドゴールと和解。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュアン
じゅあん
Alphonse Juin
(1888―1967)

フランスの軍人。陸軍元帥。アルジェリアに生まれ、サン・シール陸軍士官学校を卒業。第一次世界大戦に従軍し負傷した。大戦後は北アフリカとくにモロッコでの勤務が長かった。第二次世界大戦では機械化師団長としてベルギー、北フランスでドイツ軍と戦い捕虜となったが、1941年ペタンの要求で釈放された。連合軍の北アフリカ上陸後はその一翼として北アフリカ、イタリアに転戦し戦功があった。戦後は1947~1951年モロッコ総督、1951~1953年フランス陸軍総監、1953~1956年北大西洋条約機構軍中欧方面軍司令官などを歴任した。ドゴールのアルジェリア民族自決政策に反対し、1962年退役させられた。フランス陸軍の俊秀として同期のドゴールと比較されたが、ドゴールの政治的先見性を欠いた。1952年以来アカデミー・フランセーズ会員だった。[平瀬徹也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジュアンの関連キーワードドン・ジュアン(バイロンの叙事詩)フランシス・コートネー ベーラーアドルフ・ムーロン カッサンドルドン・ファン(ドン・フワン)ルイ・M.É. ベルトランフェリシヤン マルソーマリ・クレール アランアントニ タピエスエドモン ロスタンマルシャル レイスグエン・バン・リンエギーユデュミディパトリス シェローA. ゴロビンチュオン・チンメイエルホリドドンジュアンドン・ファン大森喜右衛門GGバイロン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジュアンの関連情報