コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュケイ Tragopan caboti; Cabot's tragopan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュケイ
Tragopan caboti; Cabot's tragopan

キジ目キジ科。全長 50~61cm。頭上は冠羽(→羽冠)が後ろに伸び,中央が黒く,後頭脇から後頸がオレンジ色である。眼のまわりの裸域,顎もくすんだオレンジ色。また眼の上から後頸と喉にかけてふたまたに分かれた黒い帯があり,オレンジ色部を含めて顔が歌舞伎の隈取のような模様になる。背面は赤褐色の地に淡褐色のビーズ玉が連なるような斑点模様で,この斑点は下にいくほど大きくなる。胸から腹は淡褐色。は黒く,喉に青い裸域があり,脚は肉色。通常は見えないが,頭上に 2本の淡青色の肉角があり,ディスプレイのときは喉の裸域を広げるとともにそれを立てる。中国南東部のフーチエン(福建)省コワントン(広東)省チヤンシー(江西)省フーナン(湖南)省の 600~1800mの山地に生息し,2.4~10mの樹上に営巣する。日本には飼鳥としてまれに輸入される。近縁種にベニジュケイ T. temminckii やヒオドシジュケイ T. satyra がおり,中国南部からヒマラヤにかけて分布している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュケイ
じゅけい / 綬鶏
tragopan

広義には鳥綱キジ目キジ科ジュケイ属に含まれる鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この属Tragopanの鳥はヒマラヤ山脈に沿ってパキスタンからミャンマー(ビルマ)、中国の福建省あたりまで分布し、5種がある。ただし、生息環境の破壊や乱獲などによって、どの種も現在では非常に限られた地域にしか生息していない。全長50~70センチメートル。求愛行動の際に、ツノキジの異名があるように雄の頭部に二つの肉質突起が突き出るほか、のどの青や黄の肉垂れも大きく膨らむ。羽色は緋色(ひいろ)、褐色、灰色などからなり、白っぽい円形の斑紋(はんもん)を多数もつ。標高900~3600メートルぐらいの湿潤な森林にすみ、木の実や草の種子、昆虫をとって食べる。ほかの多くのキジ類とは違って、地上だけでなく樹上でも活動し、巣も樹上につくることが多い。1年を通じて単独かつがいで暮らしていることが多く、群れになることはあまりない。
 種としてのジュケイT. cabotiは、中国の南東部に生息している。体上面は黒と褐色と赤の斑紋状、下面は褐色をしており、頭部は黒っぽい。[樋口広芳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジュケイの関連キーワードコジュケイ(小綬鶏)大ヒマラヤ国立公園ヒオドシジュケイジュケイ(綬鶏)シャコ(鳥類)シギダチョウ目シャコ(鳥)コワントンコジュケイヤマウズラフーチエン狩猟鳥獣クマタカテッケイ帰化動物帰化鳥鳥料理吐綬鶏猟犬鷓鴣

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android