コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュストコール justaucorps

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュストコール
justaucorps

17世紀末から 18世紀にかけて,西ヨーロッパの男子が着用した膝丈の上衣元来フランス語で身体にきっちり合った衣服の意で,胴がくびれ,前を開けて着るのが特徴。のちのフロックコートモーニングコート祖型となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュストコール
じゅすとこーる
justaucorps フランス語 英語

17世紀末から18世紀にかけて、ヨーロッパの男子が用いた長上着。本来、体にぴったりあった胴衣の意。キュロット(半ズボン)、ウエストコート(袖(そで)なしの胴衣)を伴って、当時の男子服の基本的な構成をなした。胴部はほっそりと体に沿い、ウエストから裾(すそ)に向かってスカート状に開き(とくに背側でフレアを入れた)、襟はなく、袖は肩で細く袖口で開いて、大きな折り返し(カフス)がついた。前あきの両端、前身頃(みごろ)の裾に並べられたポケットのフラップ(雨蓋(あまぶた))、袖口のカフスには、ボタンとボタンホールの装飾が施されたが、しだいに豪華なものとなり、モール装飾、金銀糸入りの打ち紐(ひも)なども用いられた。ジュストコールの素材としては、ウール、絹、ビロード、金襴(きんらん)などに至るさまざまな織物が用いられ、表面の装飾や、全体のデリケートなシルエットと一体になって、洗練されたロココ趣味を表現した。ルイ16世のころ、アビhabitまたはアビ・ア・ラ・フランセーズhabit la franaiseの名に置き換えられた。[菅生ふさ代]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジュストコールの関連キーワードコート(衣服)ハンカチーフポケットスーツ背広

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android