コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュストコール ジュストコールjustaucorps

2件 の用語解説(ジュストコールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュストコール
ジュストコール
justaucorps

17世紀末から 18世紀にかけて,西ヨーロッパの男子が着用した膝丈の上衣。元来,フランス語で身体にきっちり合った衣服の意で,胴がくびれ,前を開けて着るのが特徴。のちのフロックコートモーニングコートの祖型となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュストコール
じゅすとこーる
justaucorps フランス語 英語

17世紀末から18世紀にかけて、ヨーロッパの男子が用いた長上着。本来、体にぴったりあった胴衣の意。キュロット半ズボン)、ウエストコート(袖(そで)なしの胴衣)を伴って、当時の男子服の基本的な構成をなした。胴部はほっそりと体に沿い、ウエストから裾(すそ)に向かってスカート状に開き(とくに背側でフレアを入れた)、襟はなく、袖は肩で細く袖口で開いて、大きな折り返し(カフス)がついた。前あきの両端、前身頃(みごろ)の裾に並べられたポケットのフラップ(雨蓋(あまぶた))、袖口のカフスには、ボタンとボタンホールの装飾が施されたが、しだいに豪華なものとなり、モール装飾、金銀糸入りの打ち紐(ひも)なども用いられた。ジュストコールの素材としては、ウール、絹、ビロード、金襴(きんらん)などに至るさまざまな織物が用いられ、表面の装飾や、全体のデリケートなシルエットと一体になって、洗練されたロココ趣味を表現した。ルイ16世のころ、アビhabitまたはアビ・ア・ラ・フランセーズhabit la franaiseの名に置き換えられた。[菅生ふさ代]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone