コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュリーニ Carlo Maria Giulini

3件 の用語解説(ジュリーニの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ジュリーニ【Carlo Maria Giulini】

1914‐
イタリアの指揮者。一時トスカニーニに学ぶ。1944年ローマデビュー第2次世界大戦後,51年ベルガモ音楽祭でM.カラスと《椿姫》を共演した頃からオペラに進出,54年ミラノスカラ座の首席指揮者となったが,3年後には辞任して欧米各地のオーケストラに客演。78年にZ.メータの後任としてロサンゼルスフィルハーモニー管弦楽団の音楽監督となった。イタリア人特有の豊かな歌謡性と知的な構成力とを兼ね備え,とくにF.シューベルトドボルジャーク,G.マーラー交響曲の演奏が高く評価されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

百科事典マイペディアの解説

ジュリーニ

イタリアの指揮者。バルレッタ生れ。サンタ・チェチーリア音楽院卒業。ビオラ奏者の時代を経て,ローマ・イタリア放送交響楽団やミラノ・イタリア放送交響楽団の音楽監督などを務め,1953年にスカラ座の首席指揮者となる(1956年辞任)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュリーニ
じゅりーに
Carlo Maria Giulini
(1914―2005)

イタリアの指揮者。ベローナ近郊バルレッタに生まれ、ローマのサンタ・チェチーリア音楽院でビオラ、作曲、指揮を学ぶ。ビオラ奏者として活動ののち、1944年指揮者としてデビュー。ローマ放送管弦楽団、ミラノ放送管弦楽団、ミラノ・スカラ座を経て、69~73年シカゴ交響楽団首席客演指揮者、73~76年ウィーン交響楽団首席指揮者、78~84年ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督を務めた。1960年(昭和35)イスラエル・フィルハーモニーと初来日。ドイツの交響作品を得意にし、それらを優美に、色彩感豊かに表現するのに独特の能力を発揮する。それがとくにイギリスアメリカで高く評価された。[岩井宏之]
『ロバート・チェスターマン著、中尾正史訳『マエストロたちとの対話』(1995・洋泉社) ▽吉田秀和著『吉田秀和作曲家論集5 ブラームス』(2002・音楽之友社)』
「ジュリーニ指揮、フィルハーモニア管弦楽団他演奏『ブラームス:交響曲全集』CD3枚組(1990・東芝EMI) ▽同指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏『ブルックナー:交響曲第9番』(1995・ユニバーサルミュージック) ▽『クラシック・アーカイヴ カルロ・マリア・ジュリーニ』DVD(2004・東芝EMI)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジュリーニの関連キーワード指揮者トスカニーニベームマスカーニメスナーイタリアン指揮杖メッテル三ツ橋敬子ズガンバティ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジュリーニの関連情報