ジョナサン ミラー(英語表記)Jonathan Wolfe Miller

現代外国人名録2012の解説

ジョナサン ミラー
Jonathan Wolfe Miller


国籍
英国

専門
演出家;映画監督;神経科医;作家

肩書
オールド・ビック劇場芸術監督

生年月日
1934/7/21

出生地
ロンドン

学歴
ケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジ〔1959年〕卒;ユニバーシティ・カレッジ医学部

学位
医学博士

経歴
1961〜64年“ビヨンド・ザ・フリンジ”の一員として注目され、’62年ジョン・オズオーンの「普段着の下で」をロイヤル・コートで演出。以後、フリーの仕事のほか、’73〜75年ナショナルシアター、’74年からイングリッシュ・ナショナルオペラやその他の主要劇団で演出に専念。’88〜90年オールド・ビック劇場の芸術監督を務めた。この間、「ベニスの商人」「じゃじゃ馬馴らし」「リア王」、’79年からBBCが制作した「秀作シェイクスピア・シリーズ」など、シェイクスピア作品で高い評価を得た。オペラ演出では’74年のアレクサンダー・ケアー「Aeden Must Die」英国初演に始まり、「ミカド」「リゴレット」「ねじの回転」「ばらの騎士」「カルメン」「ファルスタッフ」などで大成功を収めた。演劇・オペラ・映画の演出の他、作家、講師、テレビプロデューサー、司会者など幅広い分野で国際的に活躍。著書に「Subsequent Performances」(’86年)、編著に「ドン・ジョヴァンニ―誘惑と裏切りの神話」などがある。ナイト爵位を叙せられた。日本では2004年新国立劇場でベルディの「ファルスタッフ」を、2007年には同劇場で「ばらの騎士」を演出。

受賞
CBE勲章

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android