コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リゴレット リゴレット Rigoletto

7件 の用語解説(リゴレットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リゴレット
リゴレット
Rigoletto

ベルディ作曲のオペラ。F.ピアベの台本による 3幕の悲劇。1851年初演。『女心の歌』が知られるほか,二重唱を巧みに扱い,特にジルダとリゴレット,マダレーナと公爵の 2組の二重唱を組み合わせ四重唱の試みは有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リゴレット(Rigoletto)

ベルディ作曲のオペラ。全3幕。1851年ベネチアで初演。ユゴーの戯曲「歓楽の王」に取材し、娘ジルダをマントバ公爵に誘惑された道化リゴレットの復讐と悲劇とを描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リゴレット

ベルディの3幕のオペラ。ユゴーの戯曲《王は楽しむ》を題材とし,1850年−1851年に作曲され,1851年の初演(ベネチアのフェニーチェ劇場)は記録的成功を博した。
→関連項目ガリ・クルチカルーゾーハミング

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

リゴレット

イタリアの作曲家ジュゼッペ・ヴェルディイタリア語による全3幕のオペラ(1851)。原題《Rigoletto》。ヴィクトル・ユゴーの戯曲『歓楽の王』を題材とする。ヴェルディの代表作の一つ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

リゴレット【Rigoletto】

ベルディのオペラ作品の一つ。前奏曲と3幕4場からなる。台本は,ユゴーの戯曲《王は楽しむ》をF.M.ピアーベが脚本化したものである。 日ごろから浮名を流しているマントバ公は,町はずれの小屋に隠れ住む美しい娘ジルダに恋をする。だがそのジルダは,公爵に仕えるせむしの道化リゴレットの愛娘である。リゴレットは,公爵が娘の清純な心をもてあそんだことを悲しみ怒り,刺客スパラフチレに命じて公爵暗殺を企てた。しかし予想しなかった事態から公爵の身代りとしてジルダを死に至らせてしまう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

リゴレット【Rigoletto】

ベルディ作曲のオペラ。三幕。1851年初演。フランスの作家 V =ユゴーの戯曲「逸楽の王」に取材した悲劇で、劇的緊迫感、旋律美ともに傑出する。アリア「女心の歌」をはじめ、「慕わしい人の名は」「悪魔め、鬼め」などの名唱が多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リゴレット
りごれっと
Rigoletto

イタリアの作曲家ベルディの三幕からなるオペラ。1851年ベネチア初演。フランスの作家ユゴーの戯曲『王は楽しむ』に取材したピアーベの台本による因果応報を主題とした悲劇で、ベルディの代表作の一つであるとともに、人物の性格描写と旋律的創意との強固な結び付き、また音楽のもつ劇的効果の高さにおいて、後世に多大な影響を及ぼした。領主マントバ公爵に仕える道化リゴレットは、漁色家の主人を唆して女あさりを手伝うが、公爵に娘をもてあそばれたモンテローネ伯爵に、おまえにも父親の怒りがわかるときがくるだろうと呪(のろ)いをかけられ、愛娘ジルダの身を案じて不安に駆られる。そのジルダは、学生に化けて言い寄ってきたマントバ公爵を愛するようになり、やがて公爵邸に連れ去られる。憤怒(ふんぬ)に燃えたリゴレットは殺し屋スパフスチレに公爵の暗殺を依頼するが、それを知ったジルダは愛する公爵の身代りとなって殺され、リゴレットが悲嘆に暮れるうちに幕となる。単独で歌われるアリアも多く、第一幕の「あれか、これか」「慕わしい人の名は」、第二幕の「悪魔め、鬼め」、第三幕の「女心の歌」などはとくに名高い。日本初演は1919年(大正8)原信子(のぶこ)、清水金太郎らによる抄演。[三宅幸夫]
『A・チャンパイ、D・ホラント編『名作オペラブックス10 リゴレット』(1988・音楽之友社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リゴレットの関連キーワードプッチーニオルフェオ暗殺のオペラ冬のオペラヴェルディ音楽祭バッハ:前奏曲とパルティータ ヘ長調(第3旋法による)/piano soloラフマニノフ:前奏曲集(プレリュード)/piano soloモンポウ:前奏曲 第5番/piano soloモンポウ:前奏曲 第6番/piano soloモンポウ:前奏曲 第9番/piano solo

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リゴレットの関連情報