コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョプリン ジョプリン Joplin

8件 の用語解説(ジョプリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョプリン
ジョプリン
Joplin

アメリカ合衆国,ミズーリ州南西部のオザーク高原にある都市。 1871年創設,70年に鉛,亜鉛の鉱山が発見され,1930年代までの繁栄の基礎となった。現在は農産物の加工,出荷地。ミズーリサザン州立大学 (1942創立) ,鉱物博物館などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ジョプリン
ジョプリン
Joplin, Scott

[生]1868.11.24. テキサス
[没]1917.4.1. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の作曲家,ピアニスト。20世紀初頭に「ラグタイムの王」として名をはせた。幼少時に自宅周辺のピアノ教師らに指導を受け,1880年代半ばから中西部各地を巡業してまわった。1895年ミズーリ州のスミス大学で音楽を専攻,クラシック音楽家を目指した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ジョプリン(Scott Joplin)

[1868~1917]米国のピアニスト・作曲家。ジャズの源となったラグタイムピアノの代表的人物。作品に「メイプルリーフ‐ラグ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジョプリン

米国の女性ロック歌手。1966年ビッグブラザーアンド・ザ・ホールディングカンパニーBig Brother and The Holding Companyのボーカルとしてデビュー,1967年モンテレー・ポップ・フェスティバルでの熱唱で一躍有名になった。

ジョプリン

米国の作曲家,ピアノ奏者。数多くのラグタイムを作曲したことで知られる。1899年の作品《メープル・リーフ・ラグ》が爆発的なヒットとなり,〈ラグタイム王〉と呼ばれるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ジョプリン

アメリカ、テキサス生まれの作曲家・ピアニスト。「ラグタイムの王」と呼ばれる。黒人奴隷の子。西洋音楽と、黒人音楽の要素を併せ持つ音楽をめざし、これが「ラグタイム」という音楽ジャンルに結実した。1899 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ジョプリン【Janis Joplin】

1943~1970) アメリカの女性ロック-シンガー。ビッグ-ブラザー-アンド-ザ-ホールディング-カンパニーのリード-シンガーとなり、名盤を続々発表。のち独立したが、酒と麻薬のなかで夭折。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョプリン
じょぷりん
Janis Joplin
(1943―1970)

アメリカのロック歌手。1960年代のサンフランシスコのロック・シーンにおける中心的人物で、ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニーの歌手、次いでソロ歌手として活躍した。同世代で最高の白人ブルース歌手であり、内面のすべてを絞り出すような劇的な歌唱で聴衆を圧倒した。
 ジョプリンはテキサス州ポート・アーサーの生まれ。レッドベリーLeadbelly(1885ごろ―1949)やベッシー・スミスのレコードに耳を傾け、ブルースに心を奪われる。1961年にオースティンのテキサス大学に進学。オースティンやヒューストンのコーヒー・ハウスやクラブで歌いはじめ、大学は中退する。63年にサンフランシスコに移り、ノース・ビーチ地区のカフェに定期的に出演するようになるが、アンフェタミン中毒になり、65年にいったん帰郷した。
 66年に再びサンフランシスコに向かい、ちょうど女性歌手を探していたビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニーに加わる。彼らはブルースを基盤にしながら、即興演奏を重視したサイケデリック・ロックを志向するバンドだった。同年に地元の小さなレーベルからデビュー・アルバムを発表するが、広く注目を集めたのは翌67年のモンタレー・ポップ・フェスティバルへの出演によってである。フェスティバルの記録映画にその模様が収められているように、ビッグ・ママ・ソーントンBig Mama Thornton(1926―84)の持ち歌「ボール・アンド・チェイン」を歌い、圧倒的な歌唱でジョプリンは一躍有名になった。
 客席にいたコロンビア・レコードの社長クライブ・デービスClive Davis(1934― )は「モンタレーとは、すなわちジャニス・ジョプリンだったといっていいだろう」と後に語ったように彼女のパフォーマンスに感激し、すぐに楽屋に飛んでいって契約を結ぶ。モンタレーでの評判が後押しして、翌68年に発表したアルバム『チープ・スリル』は全米アルバム・チャートの第1位に輝く大ヒット作となった。シングル・ヒットした「心のカケラ」に加え、ガーシュインの「サマータイム」の独創的な解釈も評判をとった。ただし、ジョプリンの歌唱力に比べ、ビッグ・ブラザーの演奏の稚拙さは明白で、そのアルバム発表後にジョプリンがバンドを脱退して、ソロ歌手に転じたのは必然だった。
 ジョプリンは自身のバンド、コズミック・ブルース・バンドを結成して、69年にソロ・アルバム『コズミック・ブルースを歌う』を発表したが、彼女はこのバンドにも満足できず、私生活では酒やドラッグへの依存が悪化していく。70年により理想に近いメンバーを集めたフル・ティルト・ブギー・バンドを結成。彼らの伴奏で『パール』を録音するが、完成直前の70年ハリウッドのホテル滞在中にヘロインの過剰摂取で急死した。遺作となった『パール』が発売されると、アルバムとシングル・カットされたクリス・クリストファーソンKris Kristofferson(1936― )作曲の「ミー・アンド・ボビー・マギー」がともに全米ヒット・チャート第1位に輝いた。
 ジョプリンの死後、彼女を惜しむ声に応えるように、72年にライブ・アルバム『イン・コンサート』が発売され、74年にはドキュメンタリー映画『ジャニス』(ハワード・オークHoward Alk監督)が公開された。活躍した期間は短かったが、ジョプリンは女性ロック歌手の一つの型をつくり、短くも激しく駆け抜けた生涯は神話となり、ベット・ミドラーBette Midler(1945― )主演の79年の映画『ローズ』(マーク・ライデルMark Rydell(1934― )監督)にインスピレーションを与えた。[五十嵐正]
『エリス・アンバーン著、上原英見訳『ジャニス・ジョプリン――禁断のパール』(1993・大栄出版)』
「『イン・コンサート』CD(1996・ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル) ▽『チープ・スリル』『コズミック・ブルースを歌う』『パール』CD(以上2000・ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル) ▽『ローズ』(ビデオ=1992・ベスト・ライブラリー、DVD=2002・20世紀フォックス ホーム エンターテインメント ジャパン)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョプリンの関連キーワードテキサステキサスヒットテキサスリーガーテキサス決死隊テキサスコーンテキサスセレクトパリ、テキサス炎のテキサス・レンジャーテキサン文化研究所日本テキサス・インスツルメンツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジョプリンの関連情報