コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジラス ジラス Djilas, Milovan

2件 の用語解説(ジラスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジラス
ジラス
Djilas, Milovan

[生]1911.6.4. モンテネグロ,コラシン
[没]1995.4.20. ベオグラード
ユーゴスラビアの政治家。ベオグラード大学で文学と法律学を学んだ。 1932年共産主義者同盟 (共産党) に加入,3年間投獄された。 38年党中央委員,40年党政治局員となり,チトーの片腕としてパルチザン戦争の指揮に参加,3度ソ連を訪問して I.スターリンとの交渉にあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジラス
じらす
Milovan Djilas
(1911―1995)

旧ユーゴスラビアの政治家、文筆家。モンテネグロ出身。ベオグラード大学在学中の1932年に共産党に入る。チトーに認められ、1938年に党中央委員、1940年に党政治局員となり、対独パルチザン戦争では、中将の資格でチトーの司令部で指揮をとった。1953年に副首相、ついで国会議長となったが、同年『新思想』誌で党高官の腐敗を告発してチトーの怒りを買い、1954年1月にすべての地位を剥奪(はくだつ)された。1956年に3年の実刑判決を受けたが『新しい階級』を国外で発表し、7年の刑を加算された。1961年に仮出所したが、『スターリンとの対話』をアメリカで出版し、1962年に7年の刑を宣告された。1966年に出所。その後も自宅で「自由公開大学」を開き体制を批判するなど健在ぶりを示した。[木戸 蓊]
『原子林二郎訳『新しい階級』(1957・時事通信社) ▽新庄哲夫訳『スターリンとの対話』(1968・雪華社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジラスの関連キーワードモンテネグロセルビアモンテネグロネグロシュコダル湖SerbiaMontenegroネグロポンテ島セルビアン・トリコロール・ハウンドモンテネグリン・マウンテン・ハウンドモンテネグロ共和国モンテネグロ,F.C.M.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジラスの関連情報