コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジラス Djilas, Milovan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジラス
Djilas, Milovan

[生]1911.6.4. モンテネグロ,コラシン
[没]1995.4.20. ベオグラード
ユーゴスラビアの政治家。ベオグラード大学で文学と法律学を学んだ。 1932年共産主義者同盟 (共産党) に加入,3年間投獄された。 38年党中央委員,40年党政治局員となり,チトーの片腕としてパルチザン戦争の指揮に参加,3度ソ連を訪問して I.スターリンとの交渉にあたった。 53年副大統領に就任したが,雑誌論文で体制批判を行い,54年公職から追放された。 56年ハンガリー事件の批判論文をアメリカの新聞に寄稿して3年の実刑判決を受け,その間に『新しい階級』 The New Class (1957) などを国外で発表し,加重刑を受けた。 61年出獄したが,『スターリンとの対話』 Conversations with Stalin (62) を外国で出版し5年の刑を宣告された。 66年恩赦で出獄したが,77年2月国内の政治犯釈放を要求するなどの発言を続けた。 89年,35年ぶりに名誉回復を果した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジラス
じらす
Milovan Djilas
(1911―1995)

旧ユーゴスラビアの政治家、文筆家。モンテネグロ出身。ベオグラード大学在学中の1932年に共産党に入る。チトーに認められ、1938年に党中央委員、1940年に党政治局員となり、対独パルチザン戦争では、中将の資格でチトーの司令部で指揮をとった。1953年に副首相、ついで国会議長となったが、同年『新思想』誌で党高官の腐敗を告発してチトーの怒りを買い、1954年1月にすべての地位を剥奪(はくだつ)された。1956年に3年の実刑判決を受けたが『新しい階級』を国外で発表し、7年の刑を加算された。1961年に仮出所したが、『スターリンとの対話』をアメリカで出版し、1962年に7年の刑を宣告された。1966年に出所。その後も自宅で「自由公開大学」を開き体制を批判するなど健在ぶりを示した。[木戸 蓊]
『原子林二郎訳『新しい階級』(1957・時事通信社) ▽新庄哲夫訳『スターリンとの対話』(1968・雪華社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジラスの関連キーワードウラジミール デディエルアジア社会党会議ブコフスキーコンチネントデディエル金剛針論階級

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android