ジル・ブラス物語(読み)ジル・ブラスものがたり(英語表記)Histoire de Gil Blas de Santillane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジル・ブラス物語
ジル・ブラスものがたり
Histoire de Gil Blas de Santillane

フランスの作家ル・サージュの小説。4巻。 1715~35年刊。スペイン悪者小説の伝統に立つ作品で,従僕となったジル・ブラスが全国を渡り歩き,さまざまな変転を経て幸福を手に入れるまでを描く。舞台をスペインにかりて,18世紀フランスの社会風俗をいきいきと描写,風刺した傑作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android