コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジーニン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジーニン
じーにん
Николай Николаевич Зинин Nikolay Nikolaevich Zinin
(1812―1880)

ロシアの化学者。カザン大学で数学と化学を学び、1837~1840年西欧に留学しておもにギーセンのリービヒの下で研究した。帰国後、1841年カザン大学化学技術学員外教授、1845年同正教授になり、1848年ペテルブルグの医科高等学院教授に転じて1874年まで務めた。おもに芳香族化合物を研究し、とくにニトロ化合物の硫化アンモニウムの作用によるアミン類への還元の研究は有名で、1842年、同法によりニトロベンゼンからアニリンを合成した。同法はのちにアニリン染料工業で重要な役割を果たした。彼のロシア化学の発展に与えた影響は大きく、とくにカザン大学でロシア最初の有機化学教室をつくった。ロシア化学会の初代会長。直接の弟子にブートレロフとボロディンがいる。[梶 雅範]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ジーニン

生年月日:1812年8月13日
ロシアの有機化学者
1880年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ジーニンの関連キーワードキャロライン・オア・チェンジユーリー バシュメット1月13日ベンジジンブトレロフ生年月日ノーベルジニン