コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジーニン

2件 の用語解説(ジーニンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ジーニン

ロシアの化学者。ニトロベンゼンの還元によりアニリンを合成。ロシア有機化学の発展に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジーニン
じーにん
Николай Николаевич Зинин Nikolay Nikolaevich Zinin
(1812―1880)

ロシアの化学者。カザン大学で数学と化学を学び、1837~1840年西欧に留学しておもにギーセンリービヒの下で研究した。帰国後、1841年カザン大学化学技術学員外教授、1845年同正教授になり、1848年ペテルブルグの医科高等学院教授に転じて1874年まで務めた。おもに芳香族化合物を研究し、とくにニトロ化合物の硫化アンモニウムの作用によるアミン類への還元の研究は有名で、1842年、同法によりニトロベンゼンからアニリンを合成した。同法はのちにアニリン染料工業で重要な役割を果たした。彼のロシア化学の発展に与えた影響は大きく、とくにカザン大学でロシア最初の有機化学教室をつくった。ロシア化学会の初代会長。直接の弟子にブートレロフボロディンがいる。[梶 雅範]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジーニンの関連キーワードアニリンクロロベンゼンニトロ化合物ニトロベンゼンブンゼントリニトロベンゼンベンゼン環TNBニトロベンゾールバイルシュタイン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジーニンの関連情報