ジープ(読み)じーぷ(英語表記)Jeep

翻訳|jeep

日本大百科全書(ニッポニカ)「ジープ」の解説

ジープ
じーぷ
Jeep

四輪駆動の多目的乗貨兼用自動車の一つ。厳密には現在アメリカのジープ・コーポレーションが商標権と製造権をもち、日本では三菱(みつびし)自動車工業がライセンス生産をしている上記自動車の名称。類型車は多いが、ライセンス生産車以外はジープの名称は使用することができない。

 もともと第二次世界大戦中に、陸戦での輸送、連絡、偵察、攻撃用として開発されたもので、B-17、B-29の両爆撃機、原子爆弾とともに、連合軍勝利の原動力となった。1940年、アメリカ陸軍の要請を受けたアメリカン・バンタム・カーズ社のカール・プロブストKarl Probst率いる技術陣が開発した。しかし同社は量産能力が低いため、ウィリス・オーバーランドとフォードにその改良型の大量発注が行われ、バンタムは対ソ連供与のためのものを生産した。ジープの名称は、多目的車を意味するgeneral purpose carの頭文字GPを、漫画映画ポパイに出てくる犬のJeeeeepという鳴き声にひっかけてできたといわれている。

 第二次大戦終了後はウィリス・オーバーランド社が製造権を所有、民需用の生産を開始、あらゆる作業用として世界中で重用された。アメリカ以外でもカナダ、フランス、ベルギー、日本、インドなどで国産化され、軍用、民需用に用いている。一方、旧ソ連では、戦時中アメリカから供与されたバンタム・ジープをもとにGAZ61/67Bなどが生産され、それはGAZおよびUAZとして今日にまで及んでいる。さらにその技術を学んで、中国でも北京(ペイチン)、浙江(チョーチヤン)といった名称の「越野汽車」が生産されている。

 このほか世界中で独自の設計になるジープ型車が生産されているが、なかでも有名で生産台数も多いのは、イギリスのランド・ローバー、ドイツのメルセデス・ベンツGバーゲン、日本のトヨタ・ランドクルーザー、日産・サファリなどで、それぞれ輸出もされ、軍用、民間用に用いられている。日本にはこのほかにも三菱・パジェロ、いすゞ・ビッグホーン、トヨタ・ブリザード、ダイハツ・ラガー、スズキ・ジムニーなど、中・小型のジープ型車があり、最近ではレジャー用の需要も多い。

 ジープ型車は頑強なシャシーに簡潔で軽いボディーをもち、実質的な地上高も大きく、悪路の走破性が高い。四輪駆動は、良路では前輪駆動を切って後輪駆動のみで走るいわゆるパートタイム方式で、通常4段または5段の変速機に2段の副変速機をもつ。エンジンはとくに低速トルクの大きいものが用いられ、ディーゼルもある。登坂能力は通常の乗用車ではtanθ=0.5前後で、最高でも1に満たないが、ジープ型の強力なものでは1.5を超え1.75に達するものもある。

[高島鎮雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ジープ」の解説

ジープ

第2次大戦中の1940年,軍用車として米国ウィリス社で開発された全輪駆動の小型四輪自動車の愛称。のちAMC社,クライスラー社を経て,現在はダイムラー・クライスラー社の登録商標であるが,類似の自動車の代名詞ともなっている。悪路,急坂,不整地などの走行が可能。戦後は同様の車が各国で製作され,軍用のほか,警察,消防や各種作業用に使用。現在ではアウトドア用のRVとして広く用いられている。ジープの愛称の由来については,general purpose(汎用)の頭文字からとったとするものと,当時兵隊たちの間に人気のあった漫画ポパイに登場した架空の動物キャラクターにちなむとするものがある。
→関連項目4WD

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ジープ」の解説

ジープ
jeep

第2次世界大戦中アメリカ陸軍補給部隊が開発した前部後部の全車輪が駆動する四輪自動車で,アメリカのウィリス=オーバーランド社が商標権をもつ。万能車のゼネラル・パポーズ・カーからの作語といわれるが,この種の自動車の一般的呼称として使用されている。通常の四輪車と比べて駆動力が大きく,各種作業用や悪路などの不整地走行用などのほか,娯楽指向の乗用車としても利用される。他の名称として,商標名からランドクルーザー (小型のものをローバー) ,ゲレンデ・バーゲンなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ジープ」の解説

ジープ

〘名〙 (jeep) 全輪駆動の小型で強力な自動車。一九四〇年、アメリカで軍用に開発された。元来は商標名。〔新能率生活(1945)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「ジープ」の解説

ジープ【Jeep】

第2次大戦中にアメリカ陸軍が採用した四輪駆動小型自動車につけられた愛称で,当初はウィリス社,現在ではアメリカン・モーターズ社の子会社であるジープ・コーポレーションの登録商標。日本では三菱自動車工業が名称の使用権を持つ。ジープはアメリカ陸軍の要請により二輪車に代わる偵察車として開発されたもので,1940年バンタム社が最初試作に成功したが,翌年ウィリス社の修正型が正式採用となり,ウィリス社とフォード社によって大量に生産された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のジープの言及

【ポパイ】より

…幼いころ父親に生き別れた孤児で,独立独行,唯我独尊のポパイ哲学は〈I am what I am and that’s all that I am.(おれはおれで,だからおれなんだ)〉に表現されている。ハンバーガー食いのウィンピーWimpy,四次元動物ジープJeep(四輪駆動車の愛称ジープの語源という説もある)など,不思議な人物や動物がポパイをとりまき,SF的な要素もある。シーガーの死後はバッド・サーゲンドーフなどが引き継いで描いている。…

【ポパイ】より

…幼いころ父親に生き別れた孤児で,独立独行,唯我独尊のポパイ哲学は〈I am what I am and that’s all that I am.(おれはおれで,だからおれなんだ)〉に表現されている。ハンバーガー食いのウィンピーWimpy,四次元動物ジープJeep(四輪駆動車の愛称ジープの語源という説もある)など,不思議な人物や動物がポパイをとりまき,SF的な要素もある。シーガーの死後はバッド・サーゲンドーフなどが引き継いで描いている。…

※「ジープ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android