スクリプト理論(読み)スクリプトリロン

デジタル大辞泉の解説

スクリプト‐りろん【スクリプト理論】

script theory》ある典型的な人間の行為を一連の出来事によって記述し、人間の知識を表現する理論。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スクリプト理論
スクリプトりろん
script theory

人間は新しい状況に対処するときに,過去の経験を蓄積した知識に基づいて行動する。たとえば,レストランに足を踏み入れると,どのようなイベントがどのような順序で生じるか,過去の経験からよくわかっている。スクリプトは,これらのイベント列を表現するために,1977年にアメリカ合衆国,エール大学のロジャー・C.シャンクとロバート・P.アベルソンによって考案された理論である。スクリプトは,同時代に考案されたフレーム(→フレーム理論)やスキーマ(→スキーマ理論)と機能的によく似ているが,イベント列の表現に重点が置かれており,コンピュータによる物語理解に適用された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android