コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクリュー screw propeller

翻訳|screw propeller

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スクリュー
screw propeller

ねじ,螺旋形のものを意味する英語であるが,日本では船のスクリュープロペラをさす。軸に2枚から5枚程度の羽根がつき,これをモータで回転させて船を推進させる。プロペラが1回転で軸方向に進む距離をピッチといい,普通は初めに設計して製作したピッチを,使用中に変更できない固定ピッチプロペラであるが,プロペラのピッチを変えることによって速度を変える可変ピッチプロペラも一部で使われている。プロペラの個数によって,一軸船から四軸船まである。スクリュープロペラが船に使われだしたのは 19世紀に入ってからであるが,他の推進方法より利点が多いため,現在はほとんどの船が使っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スクリュー(screw)

船舶で、原動機の回転力を推進力に変えるプロペラ型推進装置。スクリュープロペラ。
ねじ。ねじ釘(くぎ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スクリュー【screw】

船の螺旋らせん推進器。回転軸端についている金属羽根が螺旋面をなし、その回転によって船を前進させる。プロペラ。
ねじ。また螺旋状のもの。 「 --ドライバー」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スクリュー
すくりゅー
screw

原動機の回転力を推進力に変えて船を推進させる装置。航空機のプロペラと同じ働きをするもので、一般にはスクリューとよばれるが、船舶関係用語としてはスクリュープロペラ、略してプロペラとよぶのが普通である。[森田知治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスクリューの言及

【ねじ】より

…この円筒表面のつる巻線に沿って,断面の一様な突起をつけた品物(部品)を総称してねじという。螺子(らしとも読む),捻子,捩子などの字があてられ,スクリューということもある。 ねじはあらゆる分野で大量に使用されており,その用途は,機械や構造物の部分どうしを強固に結合するための締結用(ボルト,ナット,木ねじなど),回転運動を直線運動に変換する運動用(工作機械の送りねじ,親ねじなど),微細な位置決め(デバイダーやコンパスの開きの調節など),微小寸法の拡大・指示(マイクロメーターのスピンドルなど),大きな力を発生させる倍力用(ジャッキ,万力など)に大別される。…

【プロペラ】より

…船や飛行機に推力を与える推進装置。船の場合,スクリュープロペラscrew propellerあるいは単にスクリューとも呼ばれる。円筒形をしたボス(ハブとも呼ぶ)に羽根をつけ,回転させて軸方向の力を発生させるもので,流体力学的には風車,扇風機,軸流ポンプなども同じ原理に基づいている。…

※「スクリュー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スクリューの関連キーワードマイスターシュテュック オマージュ・ア・フレデリック・ショパンスミス(Sir Francis Pettit Smith)クビンスサイレントジューサーヒズ・ガール・フライデークロタニコーポレーショングレート・ブリテン号プラクチカマウントキャビテーションアルキメデス号螺子コンベヤー素晴らしき休日スティーブンズM42マウントロングドリンク水中スクーターデンジブルー螺子プロペラ螺子マウント赤ちゃん教育新婚道中記

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スクリューの関連情報