コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコー スコーSkou, Jens C.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スコー
Skou, Jens C.

[生]1918.10.8. デンマーク
デンマークの化学者。オールフス大学にて博士号を取得。 1963年同大教授。 1957年,動物の細胞膜上に存在し,ナトリウムイオンを外に出しカリウムイオンを内に取込むポンプともいうべき「Na,K-ATPアーゼ」を発見。この酵素がアデノシン三リン酸 ATPを分解してポンプを動かしていることを,モデルを使って明らかにした。イオンの移動は神経における電気刺激の伝達に不可欠であると同時に,細胞の形状を維持する役割もになっている。 97年,アメリカの P.D.ボイヤー,イギリスの J.E.ウォーカーとともにノーベル化学賞を受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スコーの関連キーワードスコーバレーオリンピック(1960年)グラン・ブルー・ド・ガスコーニュフレンチ・ガスコニー・ポインタープチ・ブルー・ド・ガスコーニュファイバーオプティクスオプティカルファイバーシネマスコープサイズトランスコーディング陰極線オシログラフジョン ウォーカーラコーン・バサックブドウ糖果糖液糖カレイドスコープテレイドスコープテレードスコープコーヒーフロートプログラムリストソースプログラムシンクロスコープポール ボイヤー

スコーの関連情報