コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタハノフ スタハノフ Stakhanov

3件 の用語解説(スタハノフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタハノフ
スタハノフ
Stakhanov

1978年までカジエフカ Kadievka。ウクライナ最東部,ルガンスク州の都市。ドンバス (ドネツ炭田) の工業都市で,州都ルガンスクの西約 50kmにある。 1840年代に炭田の開発が始り,19世紀末から 20世紀初めに発展してドンバスの重工業中心地の一つとなり,多くの炭坑が新設され,石炭化学,冶金,機械などの工業が発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スタハノフ(Stakhanov/Стаханoв)

ウクライナ東部、ルハンシク州の都市。19世紀半ばに炭鉱が開設され、カジエフカと呼ばれた。旧ソ連時代に労働生産性を劇的に向上させ、スタハノフ運動にその名を残す炭鉱労働者スタハノフを記念し、1978年に現名称になった。製鉄業、石炭化学工業が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタハノフ
すたはのふ
Стаханов Stahanov

ウクライナ東端、ドネツ丘陵北側にある都市。人口9万(2001)。ドネツ炭田の中心地で、19世紀中ごろ炭鉱開設とともに発足、カジエフカКадиевка/Kadievkaとよばれ、1932年市制施行。37年セルゴСерго/Sergoと改称、40年以後ふたたびカジエフカと称したが、第二次五か年計画中の生産性向上を目ざすスタハノフ運動の創始者で市の炭鉱労働者であったスタハノフを記念し、1978年に現名称となった。炭鉱のほか、製鉄、石炭化学、コークスポンプ等水利用機械、鉄道車両などの工場がある。市の歴史博物館が置かれている。[渡辺一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタハノフの関連キーワード振袖火事でかでかでかКадиевкаМакеевкаFTOカローラFXでかでか人とちびちび人シソエフ海山上野梶右衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スタハノフの関連情報