コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石炭化学 せきたんかがくcoal chemistry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石炭化学
せきたんかがく
coal chemistry

石炭を原料として,いろいろの化学製品をつくる化学をいい,その工業を石炭化学工業という。石炭化学工業は石炭の乾留で得られるコールタールからベンゼントルエンナフタリンアントラセンなどの芳香族化合物をつくる工業と,石炭やコークスから得られる水性ガスからメタノールホルムアルデヒドアンモニアなどをつくる工業とに大別できる。これらの石炭化学工業は石油化学の発展とともにその地位を譲ったが,石油資源の問題もあり,石炭のガス化,液化などの研究は続いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せきたん‐かがく〔‐クワガク〕【石炭化学】

石炭の性質・構造などの研究や、石炭を原料とする各種工業製品を作る研究など、石炭に関係する諸化学の総称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

石炭化学【せきたんかがく】

石炭を原料とする有機合成化学。1856年英国のW.H.パーキンが,石炭の乾留で得られるコールタールの成分であるベンゼントルエンから最初の合成染料モーブを製造した。これがきっかけとなってタール系合成化学が生まれ,染料,香料,医薬,爆薬などが人工的に作られるようになり,今日の有機合成化学の基礎が築かれた。次いで20世紀に入ると,石炭と石灰石からカーバイドが作られ,これに水を作用させて得られるアセチレンを原料としてアセトアルデヒド酢酸アセトンなどを作るアセチレン系合成化学が興った。同じころ,石炭やコークスのガス化によって得られる水性ガスを原料としてのメタノール(メチルアルコール),アンモニアなどの製造も行われるようになった。その後,石炭をより効率よく合成化学原料とするための新しい加工法が追求され,酸化分解,水素化分解などの方法の開発が進められている。前者は石炭の微粉末をアルカリ水溶液や希硝酸に混ぜ,加熱しながら空気を吹き込んで石炭分子を酸化分解する方法で,一酸化炭素や芳香族カルボン酸などを得る。後者は石炭微粉末を重質油と練り混ぜ,触媒の存在下で高温高圧にして水素と反応させて石炭分子の分解と水素化を行わせるもので,ベンゼン,フェノールナフタレンなどを得る。しかし戦後,化学工業の主原料は石炭から石油に転換し,近年はアセチレン,石炭タールを原料とする合成化学の大部分は石油化学方式に変わっている。→石炭液化石炭化学工業石炭乾留石炭ガス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきたんかがく【石炭化学 coal chemistry】

石炭を原料として各種の化学製品を生産する化学技術の体系をいう。石炭は,19世紀から20世紀の前半にかけて,化学工業,とくに有機合成化学工業の最大の原料であった。製鉄業興隆とともに,鉄鉱石の還元剤としてのコークスの需要が増え,石炭乾留事業もまた繁栄した。その副産物である石炭ガスガス軽油コールタールなどは産業廃棄物としてその処分に窮したことさえあったが,その有用成分の分離,精製,利用の化学技術が進歩した結果,染料,医薬,その他を生産する芳香族系有機合成化学の花が開いたのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せきたんかがく【石炭化学】

石炭を原料としてさまざまな化合物を製造する化学技術の体系。それを応用した化学工業を石炭化学工業という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石炭化学
せきたんかがく
coal chemistry

石炭の化学的な性質、化学構造、物理化学的特性を研究し、さらにその成果を石炭の有効利用技術開発に応用するための学問領域をいう。すなわち、石炭の液化、ガス化、熱分解、燃焼などの反応機構解析を通じて有用で高付加価値な化学原料化やエネルギー変換のための基礎理論を提供することが石炭化学の目的となる。石炭化学では活性基の反応、溶剤抽出、抽出分解、水素化分解、重縮合、酸化分解、塩素化分解などの反応が研究対象となる。
 一方、石炭物理は石炭の物理的な性質を究明し、物性や構造を解明しようとするもので、光学的、電磁気的、機械的、界面的などの性質が対象となる。しかし石炭の成因に関する研究や高分子的構造について考えるときには物理化学的な取扱いが必要となるため、石炭化学と石炭物理を含めて石炭科学という。ときには石炭科学と石炭化学工業の両者を含めた総称として石炭化学が使用されることもある。これは、石油化学の基礎理論の確立が先行し、それに対比して石炭化学が理解されるようになってきたものの、石炭化学では究明されていない面が多く、用語の概念が固まっていないためである。
 石炭は化石資源のなかでもっとも複雑な構造を有する天然の高分子有機化合物であり、研究意欲を刺激された多くの研究者によって構造の解明が行われしだいに明らかにされてきたが、まだ不十分な点が多い。よりいっそう石炭の本質を明らかにすることによって、石炭の構造に立脚した合理的な利用法も可能になるわけである。[上田 成・荒牧寿弘]
『舟阪渡・横川親雄著『石炭化学』(1960・共立出版) ▽黒川真武・馬場有政・本田英昌・大内公耳著『石炭・石炭化学』(1963・日刊工業新聞社) ▽村田富二郎著『石炭化学』(1964・勁草書房) ▽下野克己著『戦後日本石炭化学工業史』(1987・御茶の水書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

石炭化学の関連キーワードルールコーレ[会社]カストロプラウクセルタール(油状物質)クラマトルスクフィッシャーコムナルスクチェレムホボ有機化学工業バウブジフフネドアラスタハノフマケエフカゴルロフカ新日鐵化学長谷川周重エナキエボ工業化学レシツァ石炭鉱業化合物

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android