コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタルチェボ文化 スタルチェボぶんかStarcevo culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタルチェボ文化
スタルチェボぶんか
Starcevo culture

ユーゴスラビア地域で展開した新石器時代初頭の文化。ハンガリーケレス文化,ルーマニアのクリシュ文化とほぼ同一の文化である。農耕と牧畜が生業のなかに入ってきてはいるが,狩猟,採集,漁労がなお生業の重要な部分を占めた。土器もみられるが,粗製のものが多い。西アジアから新石器文化が波及してきたことを示すように,ギリシアの先セスクロ文化とも密接な関係をもち (→セスクロ遺跡 ) ,ヨーロッパ新石器時代初頭の文化として重要な意義をもっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタルチェボ文化
すたるちぇぼぶんか
Starevo

ヨーロッパ最古の新石器文化の一つ。紀元前千年紀ごろユーゴスラビアを中心とするバルカン地方に広まった。小麦のほかアワ、豆を栽培し、ウシ、ヒツジ、ヤギ、ブタなどを飼育していたが、狩猟や採集も依然として重要な役割を担っていた。石鎌(いしがま)を用いて収穫し、石臼(うす)、石杵(きね)、かまどを用いて調理した。家屋は多くの場合泥壁造りの方形住居であった。[鈴木忠司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone