コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステゴロフォドン Stegolophodon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステゴロフォドン
Stegolophodon

長鼻目ペンタロフォドン科の一属の小型化石ゾウ。長顎。二生歯性。瘤状咬頭が横に並ぶ低歯冠の臼歯で,臼歯面の谷に中央峰のみられるものがある。ユーラシア,アフリカの新第三紀鮮新世,第四紀更新世地層に分布。ステゴドンの祖先型とされ,松本彦七郎は 1924年 Prostegodon という属名を与えたが,先取権のあるステゴロフォドンにまとめられた。この類では,シュードラチデンスゾウ Stegolophodon pseudolatidens やツダゾウ S.tsuda など,日本で最古種が産出した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ステゴロフォドン(Stegolophodon)

2300万年~180万年前に南アジアから日本にかけて生息していたゾウ。現代のゾウに比べて小型で鼻も短めなのが特徴。日本の各地で化石が発見されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ステゴロフォドン【Stegolophodon】

長鼻類ステゴドン科の1属。化石ゾウの1グループで,臼歯の形態に特徴がある。すなわち臼歯のそしゃく面に横列をつくってこぶ状隆起があり,その中央に縦の正中溝のあるマストドン段階の臼歯(ロフォドント型)と,エレファス段階の屋根形の稜をもつ臼歯(ステゴドント型)との中間的な形態の臼歯をもつゾウである。また,歯の交換も垂直交換の二生歯性から水平交換の一生歯性への移行過程にある長鼻類である。化石としては東および南アジアにその産出が限られ,中新世から更新世前期にわたる地層から発見されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ステゴロフォドンの関連キーワードStegolophodon pseudolatidens

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android