コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストライク報告 ストライクほうこく Strike Report

2件 の用語解説(ストライク報告の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストライク報告
ストライクほうこく
Strike Report

1947年にアメリカが日本の第2次世界大戦賠償のための産業施設調査に派遣した海外調査相談所長 C.ストライクを団長とする調査団の報告書。 48年2月にその一部,3月に全文が発表された。対日賠償は,徹底した日本の非軍事化のため,従来は 25~26億円の生産施設撤去が予定されていたが,冷戦の表面化に伴ってアメリカの対日政策は変化し,ストライク報告ではこれを軽減して撤去は主要軍事施設約 16億円とし,日本経済の存立を維持するための平和的生産施設はできるだけ日本に残して利用することを提案した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ストライク報告【ストライクほうこく】

1948年3月公表された米国対日賠償調査団の報告。団長C.ストライクの名にちなむ。日本の生産能力が戦前の水準に回復するのを1953年とし,したがって対日賠償は軽減さるべきであり,軍需以外の生産施設を撤去しないよう勧告した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ストライク報告の関連キーワード第2次世界大戦アメリカ杉アメリカンアメリカ化学会アメリカ アメリカコンバット!アメリカ学会古代アメリカ学会パックス・アメリカーナ(parabolic)ヤップ[島]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone