コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストロビランセス Strobilanthes

3件 の用語解説(ストロビランセスの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ストロビランセス【Strobilanthes】

キツネノマゴ科の多年草または低木。熱帯アジアに200種以上分布する。和名ウラムラサキは草丈1メートル 内外の観葉植物。葉は長さ20センチメートルほどの長楕円形で、紫に銀白色の斑があり、裏面は紫。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ストロビランセス

キツネノマゴ科の一属で,約300種が東南アジアの熱帯・亜熱帯に分布する多年草,低木であるが,多くの属に細分されることもある。代表的な栽培種はミャンマー原産のウラムラサキ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ストロビランセス【Strobilanthes dyerianus Mast.】

キツネノマゴ科イセハナビ属Strobilanthesの多年草で,原産地はミャンマー。原産地では低木状となる。和名のウラムラサキは,葉裏が紫紅色であることによる。あらく分枝して茂る草本質の低木で,茎には毛がある。先のとがる楕円状披針形の葉を対生してつけ,葉柄はない。葉は表に金属光沢のある青色と藤色の斑(ふ)があって美しく,若葉は裏面が紫紅色であるが,老葉になると銀白色となる。花は,立ち上がる穂状花序に,キリの花に似た長さ4cmぐらいの淡黄色花を咲かせる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ストロビランセスの関連キーワードジャコビニア北狐狐の絵筆狐の孫葉黒草伊勢花火小狐北きつね牧場キツネノマゴリュウキュウアイ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone