コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スナビキソウ

2件 の用語解説(スナビキソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

スナビキソウ

北海道〜九州の海岸の砂地にはえるムラサキ科多年草。全体に灰色の軟毛がある。茎は直立し,高さ30〜50cm,へら形で長さ5〜10cmのやや多肉の葉をつける。花穂は5〜8月,茎頂付近について分枝し,花は密につき,白色で径約8mm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スナビキソウ
すなびきそう / 砂引草
[学]Argusia sibirica (L. f.) Dandy

ムラサキ科の多年草。茎は高さ30~50センチメートル。葉は密に互生し、倒披針(とうひしん)形から長楕円(ちょうだえん)状披針形。5~8月、茎頂に白色で芯(しん)が黄色い、香りのある5弁花を密集して開く。海岸の砂地に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、シベリア、ヨーロッパに分布する。名は、砂地で地下茎を伸ばすことによる。スナビキソウ属は、果実は核果で中に4個の小核がある。世界に3種あり、日本には2種分布する。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スナビキソウの関連キーワード砂引草蔓紫浜匙浜弁慶草紫海胆ハマナスオニユリクルミツルナツルムラサキ

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スナビキソウの関連情報