スナビキソウ

百科事典マイペディアの解説

スナビキソウ

北海道〜九州の海岸砂地にはえるムラサキ科多年草。全体に灰色の軟毛がある。茎は直立し,高さ30〜50cm,へら形で長さ5〜10cmのやや多肉の葉をつける。花穂は5〜8月,茎頂付近について分枝し,花は密につき,白色で径約8mm。砂中に長い根茎を引くためこの名がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スナビキソウ
すなびきそう / 砂引草
[学]Argusia sibirica (L. f.) Dandy

ムラサキ科の多年草。茎は高さ30~50センチメートル。葉は密に互生し、倒披針(とうひしん)形から長楕円(ちょうだえん)状披針形。5~8月、茎頂に白色で芯(しん)が黄色い、香りのある5弁花を密集して開く。海岸の砂地に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、シベリア、ヨーロッパに分布する。名は、砂地で地下茎を伸ばすことによる。スナビキソウ属は、果実は核果で中に4個の小核がある。世界に3種あり、日本には2種分布する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スナビキソウの関連情報