スノーデン(英語表記)Snowden, Philip Snowden, Viscount

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スノーデン
Snowden, Philip Snowden, Viscount

[生]1864.7.18. イコーンショー
[没]1937.5.15. ティルフォード
イギリスの政治家。1903~06,1917~19年独立労働党委員長。1906~18,1922~31年下院議員。第1次世界大戦に際し,労働党党首ジェームズ・R.マクドナルドとともに非戦論を展開し,下院選に落選。1921年独立労働党の先鋭化で離党。1924,1929~31年に第1次,第2次マクドナルド内閣で財務大臣を務め,緊縮財政主義を貫き,1931年9月金本位制度離脱を実行。財務大臣辞任後,国璽尚書に任命されたがマクドナルド挙国連立内閣の保護関税政策に反対して 1932年辞任。雄弁家,女性解放論者としても著名。主著『社会主義者の予算』The Socialists' Budget(1907),『生活賃金』The Living Wage(1912),『労働と国家財政』Labour and National Finance(1920)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スノーデン

アメリカの情報技術者・システムエンジニア。元中央情報局(CIA)職員,元国家安全保障局(NSA)局員。メリーランド州のコミュニティー・カレッジで情報科学を学び,軍隊に入隊。特殊部隊で訓練中に事故で除隊となる。その後CIAに職員として採用されコンピュータセキュリティー関連の任務につく。2009年CIAを退職。コンサルティング会社ブーズ・アレン・ハミルトン社に雇用され同社とNSAとの契約でNSAに勤務する。2012年NSAのハワイ州のクニア地域シギント工作センターのシステム管理者となる。2013年5月,同センターでコピーしたNSAが収集した厖大な機密資料を持ち出し,香港に渡航。メディアのインタビューでNSAによるアメリカ内部と全世界を対象とした盗聴と機密情報収集活動の実態を告発し,世界に衝撃を与えた。情報収集活動は盗聴とインターネット傍受を通して行われ,その対象は中国,香港をはじめ,ドイツ・日本・韓国・フランス・イタリア・トルコなど同盟国の政府・大使館・企業など38ヵ国に及んでいる。またマイクロソフト,グーグル,ヤフー,スカイプ,フェイスブック等多数のIT企業がNSAに協力していることや,ドイツなど各国の情報機関と協力して他国の機密情報を収集している実態も暴露された。スノーデンの告発を積極的に報じた英紙ガーディアンとアメリカのワシントンポスト紙に2014年のピュリッツァー賞(公益部門)が与えられた。スノーデンはアメリカ司法当局から逮捕命令が出ているが,ロシアが滞在許可証を発給しロシアに滞在している。ノーベル平和賞候補にもなった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スノーデン
すのーでん
Philip Snowden, 1st Viscount Snowden
(1864―1937)

イギリスの政治家。織工の子として生まれる。フェビアン協会、独立労働党で活躍、社会主義者としての名をあげた。1906年に労働党下院議員となり、第一次世界大戦中は戦争反対の立場を貫いた。1924年の第一次労働党内閣、1929年からの第二次労働党内閣でともに蔵相を務めたが、あくまでも均衡予算に固執する伝統的な財政観をもって、世界恐慌下の経済苦境に対処しようとして、失業手当の削減案を出し、与党の労働党からの強い反発を招いた。労働党から排除されながらも、1931年に成立した「挙国」内閣の蔵相としてとどまったが、1932年9月、自由貿易原則の放棄に抗議して辞職した。[木畑洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

スノーデン

生年月日:1864年7月18日
イギリス労働党政治家
1937年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スノーデンの関連情報