コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スパイウェア スパイウェア

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スパイウェア

ユーザーの知らないうちにコンピューターにインストールされ、さまざまな情報を収集するプログラム。なんらかのアプリケーションとセットでインストールされることが多い。もともとはマーケティングを目的としたプログラムで、パソコンの利用状況やインターネットの履歴など有用な情報を収集し、マーケティング会社などに送信する。ユーザー登録をしたメーカーから広告メールが配信される程度で大きな被害はないものの、個人情報が勝手に第三者へ流出することから、プライバシー保護の観点で問題となっている。悪質なスパイウェアには、パソコンに入っているアドレス帳やクレジットカード番号などの個人情報を収集するものもある。さらに、ユーザーのキー入力を監視するキーロガーと呼ばれるプログラムがパスワードを盗み、なりすましなどの被害につながる危険もある。そのため、最近のウイルス対策ソフトにはスパイウェア対策機能を備えた製品が増えている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

スパイウェア【spyware】

コンピューターの利用者に関する情報を収集し、外部の企業や個人にその情報を送信するソフトウェアの総称。ウェブブラウザーの閲覧履歴、キーボードやマウスによる入力情報などが、収集の対象となる。◇「spy(スパイ)」と「software(ソフトウェア)」の混成語。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スパイウェア
すぱいうぇあ
Spyware

PC(パーソナルコンピュータ)の内部の情報やインターネットでのやりとりの情報をユーザーが気づかないうちに外部に送信する悪意のあるソフトウェアの総称。ウェブページへのアクセス、メールの受信、確かでないフリーソフトウェアのインストールなどによって知らず知らずのうちにこのソフトウェアはインストールされ、ユーザーはなかなか気がつかない。
 スパイウェアはウイルスとは異なり、PCのソフトウェアにダメージを与えることが目的ではない。侵入したことを知られずに、PC内部の情報、サイトへのアクセスの記録、キーボードから入力されたID(認証番号)やパスワードなどを盗み出すことが目的である。
 スパイウェアを検出するためには、さまざまなアンチウイルスソフトやマイクロソフト社標準で提供しているスパイウェア検出ソフトウェアが有効である。ユーザーは定期的に検出を行って、スパイウェアが侵入していないことを確認するのが安全である。[中島由弘]
『石田晴久著『インターネット安全活用術』(岩波新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スパイウェアの関連キーワードインターネットセキュリティスイートWindows Defenderセキュリティ対策ソフトウェアコンピュータ史(年表)コンピュータ犯罪ウイルスバスターBYTEVERサイバーテロSpybotAdwareスパイメールスミッシングガンブラーマルウェアアドウェア

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スパイウェアの関連情報