コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピリルム スピリルムSpirillum

3件 の用語解説(スピリルムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スピリルム
スピリルム
Spirillum

真正細菌類シュードモナススピリルム科の代表属。ラセンキンともいう。比較的長い螺旋形またはその巻いた一部分のような形をした細菌で,菌体内にボルチン粒 volutin grain (異染小体) が存在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スピリルム
すぴりるむ
[学]Spirillum

スピリルム科の細菌で、淡水および海水に生息する。グラム陰性で螺旋(らせん)状を呈する。長さ14~60マイクロメートル、幅0.25~1.7マイクロメートル、螺旋波長は5~15マイクロメートル(1マイクロメートルは100万分の1メートル)。菌体の一端または両端に単毛または束毛の鞭毛(べんもう)をもって運動する。スピリルムは好気性または偏性の微好気性であり、化学合成有機酸化生物の一つとされる。糖からは酸を生産しないが、酸化酵素やカタラーゼを生産する。また、スピリルムのうちおおよそ半分の種は、黄緑色で蛍光のある水溶性の色素を生産する。培養にあたっての栄養要求性は単純で、多くの種類はアミノ酸、ビタミン、プリンやピリミジンを必要としない。炭素源として種々の有機酸やアルコール類を利用するほか、通常、窒素源としてアンモニアを利用する。スピリルムには腐生性のものと寄生性のものがある。[曽根田正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone