コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピリルム スピリルム Spirillum

3件 の用語解説(スピリルムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スピリルム
スピリルム
Spirillum

真正細菌類シュードモナススピリルム科の代表属。ラセンキンともいう。比較的長い螺旋形またはその巻いた一部分のような形をした細菌で,菌体内にボルチン粒 volutin grain (異染小体) が存在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

スピリルム

 ラセン菌の一つ.食中毒の原因となるカンピロバクターはこのスピリルムに属する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スピリルム
すぴりるむ
[学]Spirillum

スピリルム科の細菌で、淡水および海水に生息する。グラム陰性で螺旋(らせん)状を呈する。長さ14~60マイクロメートル、幅0.25~1.7マイクロメートル、螺旋波長は5~15マイクロメートル(1マイクロメートルは100万分の1メートル)。菌体の一端または両端に単毛または束毛の鞭毛(べんもう)をもって運動する。スピリルムは好気性または偏性の微好気性であり、化学合成有機酸化生物の一つとされる。糖からは酸を生産しないが、酸化酵素やカタラーゼを生産する。また、スピリルムのうちおおよそ半分の種は、黄緑色で蛍光のある水溶性の色素を生産する。培養にあたっての栄養要求性は単純で、多くの種類はアミノ酸、ビタミン、プリンやピリミジンを必要としない。炭素源として種々の有機酸やアルコール類を利用するほか、通常、窒素源としてアンモニアを利用する。スピリルムには腐生性のものと寄生性のものがある。[曽根田正己]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スピリルムの関連キーワードスピリスピリットアギオススピリドナス教会聖スピリドン教会真正細菌ミスタードリラー ドリルスピリッツ海水細菌シュードモナス属アナスピデス目真正細菌類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone