スピリルム(英語表記)Spirillum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真正細菌類シュードモナス目スピリルム科の代表属。ラセンキンともいう。比較的長い螺旋形またはその巻いた一部分のような形をした細菌で,菌体内にボルチン粒 volutin grain (異染小体) が存在する。細胞の末端になって生じる鞭毛によって泳ぐことができる。有機物が混った淡水または海水中に生活している。約 20種が記録されており,池やなどの腐敗水,止水から分離されたものも多い。鼠咬症スピリルム S. minusは発熱性の鼠咬症の病原菌として知られ,日本では鼠毒と呼ばれてきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スピリルム科の細菌で、淡水および海水に生息する。グラム陰性で螺旋(らせん)状を呈する。長さ14~60マイクロメートル、幅0.25~1.7マイクロメートル、螺旋波長は5~15マイクロメートル(1マイクロメートルは100万分の1メートル)。菌体の一端または両端に単毛または束毛の鞭毛(べんもう)をもって運動する。スピリルムは好気性または偏性の微好気性であり、化学合成有機酸化生物の一つとされる。糖からは酸を生産しないが、酸化酵素やカタラーゼを生産する。また、スピリルムのうちおおよそ半分の種は、黄緑色で蛍光のある水溶性の色素を生産する。培養にあたっての栄養要求性は単純で、多くの種類はアミノ酸、ビタミン、プリンやピリミジンを必要としない。炭素源として種々の有機酸やアルコール類を利用するほか、通常、窒素源としてアンモニアを利用する。スピリルムには腐生性のものと寄生性のものがある。[曽根田正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android