コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スベスベサンゴヤドカリ スベスベサンゴヤドカリ Calcinus laevimanus

2件 の用語解説(スベスベサンゴヤドカリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スベスベサンゴヤドカリ
スベスベサンゴヤドカリ
Calcinus laevimanus

軟甲綱十脚目ヤドカリ科。甲長 1.5cmで,サンゴ礁で最も普通に見られる美しいヤドカリ(→ヤドカリ類)。甲の前半は青みを帯びた褐色,後半と腹部は濃青色。眼柄は基部から 3分の1が青紫色,残りの部分は赤褐色

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スベスベサンゴヤドカリ
すべすべさんごやどかり / 滑々珊瑚宿借
[学]Calcinus laevimanus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目ヤドカリ科に属する海産動物。サンゴ礁でもっとも普通にみられるヤドカリ。奄美(あまみ)大島以南、西太平洋を経てインド洋まで広く分布する。甲長1.5センチメートルほどの小形種で、はさみ脚(あし)が滑らかである。はさみ脚は黒褐色で、大きいはさみ(左側)の掌部(しょうぶ)の先半分は白色。眼柄(がんぺい)の基部3分の1は青紫色、先3分の2は赤褐色。サンゴ礁には歩脚に青色の横縞(よこじま)をもつユビワサンゴヤドカリC. elegansや、歩脚とはさみ脚が栗(くり)色のクリイロサンゴヤドカリC. gaimardiも多い。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスベスベサンゴヤドカリの言及

【ヤドカリ(宿借)】より

…雑食性であるが動物質を好む。 日本近海のサンゴ礁にはスベスベサンゴヤドカリCalcinus laevimanus,コモンヤドカリDardanus megistos,浅海にはオニヤドカリAniculus aniculus,ヨコスジヤドカリD.arrosor,ソメンヤドカリD.pedunculatus,磯にはホンヤドカリPagurus geminus,イソヨコバサミClibanarius bimacratus,ヤマトホンヤドカリP.japonicus,干潟にはユビナガホンヤドカリP.dubiusが多い。 釣餌にされ,またオカヤドカリなどは子ども相手に夜店などで売られる。…

※「スベスベサンゴヤドカリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スベスベサンゴヤドカリの関連キーワード軟甲類ホンヤドカリ岡宿借宿借りカニ(蟹)オニヤドカリヤドカリ(宿借)オカヤドカリ科オキヤドカリ科ホンヤドカリ科

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone