コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スベスベサンゴヤドカリ Calcinus laevimanus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スベスベサンゴヤドカリ
Calcinus laevimanus

軟甲綱十脚目ヤドカリ科。甲長 1.5cmで,サンゴ礁で最も普通に見られる美しいヤドカリ(→ヤドカリ類)。甲の前半は青みを帯びた褐色,後半と腹部は濃青色。眼柄は基部から 3分の1が青紫色,残りの部分は赤褐色。鋏脚は左側が大きく,指部と掌部の前半のみが白色でほかの部分は一様に黒褐色。第1歩脚,第2歩脚は赤褐色の地に黒褐色の縦縞が 1本ある。紀伊半島沿岸,四国でもまれに見られるが,鹿児島県奄美大島以南のインド西太平洋海域に広く分布する。サンゴヤドカリ属 Calcinus には歩脚,鋏脚が黒褐色のクリイロサンゴヤドカリ C. morgani,歩脚に青色の帯状模様があるユビワサンゴヤドカリ C. elegans など美しい近縁種が多い。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スベスベサンゴヤドカリ
すべすべさんごやどかり / 滑々珊瑚宿借
[学]Calcinus laevimanus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目ヤドカリ科に属する海産動物。サンゴ礁でもっとも普通にみられるヤドカリ。奄美(あまみ)大島以南、西太平洋を経てインド洋まで広く分布する。甲長1.5センチメートルほどの小形種で、はさみ脚(あし)が滑らかである。はさみ脚は黒褐色で、大きいはさみ(左側)の掌部(しょうぶ)の先半分は白色。眼柄(がんぺい)の基部3分の1は青紫色、先3分の2は赤褐色。サンゴ礁には歩脚に青色の横縞(よこじま)をもつユビワサンゴヤドカリC. elegansや、歩脚とはさみ脚が栗(くり)色のクリイロサンゴヤドカリC. gaimardiも多い。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスベスベサンゴヤドカリの言及

【ヤドカリ(宿借)】より

…雑食性であるが動物質を好む。 日本近海のサンゴ礁にはスベスベサンゴヤドカリCalcinus laevimanus,コモンヤドカリDardanus megistos,浅海にはオニヤドカリAniculus aniculus,ヨコスジヤドカリD.arrosor,ソメンヤドカリD.pedunculatus,磯にはホンヤドカリPagurus geminus,イソヨコバサミClibanarius bimacratus,ヤマトホンヤドカリP.japonicus,干潟にはユビナガホンヤドカリP.dubiusが多い。 釣餌にされ,またオカヤドカリなどは子ども相手に夜店などで売られる。…

※「スベスベサンゴヤドカリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スベスベサンゴヤドカリの関連キーワード甲類

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android