コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スモルコフスキー Marian von Smoluchowski

世界大百科事典 第2版の解説

スモルコフスキー【Marian von Smoluchowski】

1872‐1917
ポーランドの物理学者。成長期をウィーンで過ごし,1890‐95年の間,ウィーン大学のJ.シュテファンやF.エクスナーの下で学んだ。その後,パリ,グラスゴー,ベルリンの各地で研究し,99年からリボフ大学で職に就いた。1900年ころからブラウン運動についての研究を始め,A.アインシュタインとは独立に,熱分子運動論に基づく理論を展開,とくにブラウン運動が熱力学の第2法則に反することを指摘し,この法則の確率的性格を強調した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スモルコフスキー
すもるこふすきー
Marian von Smoluchowski
(1872―1917)

ポーランドの物理学者。オーストリアの生まれ。ウィーン、パリ、グラスゴーの各大学で学んだ。1897年ベルリン大学に務めたのち、1900年ウクライナのレンベルク大学理論物理学教授、1913年ポーランドのクラクフ大学実験物理学教授となった。1906年アインシュタインと独立にブラウン運動の理論を築き、その発展に努力した。これによって分子熱運動の実験的検証を可能にし、原子観の確立に寄与するとともに、統計力学の発展を促した。気体、液体内部の温度や密度のゆらぎ現象を研究し、臨界タンパク光の現象を理論的に解明(1907)、またレイリーの青空の理論(空の青さを説明する理論)を実証した。ほかに疎水コロイド粒子の凝結に関する理論(スモルコフスキーの凝結速度式)がある。[常盤野和男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

スモルコフスキー

生年月日:1872年5月28日
ポーランドの物理化学者
1917年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のスモルコフスキーの言及

【ブラウン運動】より

… ブラウン運動の理論はさらに,確率過程の例題として,より美しい数学的形式にみがき上げられていく。ポーランドのM.vonスモルコフスキー,ドイツのフォッカーAdriaan Daniël FokkerおよびM.プランク,フランスのP.ランジュバンによって発展され,さらにのちにはN.ウィーナーにより確率過程の数学の一部門にもなっていく。フォッカー=プランクの方程式は微粒子の位置と速度の確率分布関数がみたすべき方程式であり,ランジュバン方程式は微粒子の運動方程式で,速度の減衰項や外力(重力)のほかに,ランダム・ノイズとしてのゆらぐ力を含んでいる。…

※「スモルコフスキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スモルコフスキーの関連キーワードアインシュタイン‐スモルコフスキーの式アインシュタインのブラウン運動の式スモルコフスキーの式臨界蛋白光生年月日ペラン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android