スロースリップ(読み)すろーすりっぷ(英語表記)Slow Slip

知恵蔵mini「スロースリップ」の解説

スロースリップ

陸側と海側のプレート境界面がゆっくりと滑って移動する現象。「ゆっくりすべり」「スローイベント」「スロー地震」「ゆっくり地震」などとも呼ばれる。日本周辺では関東から西に位置するフィリピン海プレートの境界と、北海道から関東にかけての太平洋プレートの境界で周期的に同現象が観測されている。プレートの移動する周期や、移動に伴う揺れの大きさは地域によって異なるが、2011年3月の東日本大震災の前にも発生していたことが判明しており、大地震に先行する予兆のひとつと考えられている。

(2018-6-19)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉「スロースリップ」の解説

スロー‐スリップ(slow slip)

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。スロー地震一種。ごく小規模な地震が数日間続く短期的スロースリップと、1年から数年程度続く長期的スロースリップに分類される。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生じていると考えられている。ゆっくり滑りスロースリップイベント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)「スロースリップ」の解説

スロースリップ
すろーすりっぷ

ゆっくり地震

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android