コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スワッティング すわってぃんぐSwatting

知恵蔵の解説

スワッティング

緊急通報用電話番号を悪用し、爆発処理班や警察特殊部部隊(SWAT)、多くの捜査員などを出動させる悪質ないたずらのこと。殺人や立てこもり、爆発など緊急出動が必要な犯罪を装ったり、無関係な人物を犯人に見立てて虚偽の通報をしたりするケースなどがある。北米では特定の人物への報復や、著名人を対象とすることで嫌がらせ・悪ふざけを目的としたケース、学校や企業への爆破予告などで多くの人を混乱させた事案などが起こっている。捜査員が関係のない市民を誤射したり、自治体の予算を無駄に使うことになったりするなどの被害が問題となっている。
虚偽の緊急通報を「スワッティング」と呼ぶようになったのは、2000年代初めごろに北米から。米連邦捜査局(FBI)が08年に初めて「スワッティング」という言葉で市民に周知した。米国・カリフォルニア州政府は、スワッティングの実行者に対し、最大10,000ドルの出動費用を負担させると新たな法律を制定、14年から施行されている。
北米ではスワッティングによるさまざまな被害が発生している。著名人が標的となった例では、13年に米国で12歳の少年が、俳優のアシュトン・カッチャーや歌手のジャスティン・ビーバーの自宅に「人質がいる」「銃を振り回している人がいる」などの虚偽の通報をした。アシュトンの家へは実際に警察が出動し、被害額は税金1万ドル(約80万円)と試算された。
17年には米国で、虚偽の通報で警察が出動し、自宅にいた男性を誤って射殺する事件が起こった。この事件の容疑者は、15年にもテレビ局に爆破犯を装った脅迫をして警察を出動させ、有罪判決を受けていた。容疑者はオンラインのゲームコミュニティーで死亡した男性と知り合っていた。
カナダでは14年までにオタワ、オンタリオ、ケベックの各州で、複数の10代の少年による虚偽の通報が相次いだ。ショッピングセンター、民家、学校などが爆破予告の標的となり、実際に避難させられるなどの混乱を招いた。カナダの州警察が捜査に当たり、少年の家から通信機器、データ送信、銃器、弾薬を押収した。

(若林朋子 ライター/2018年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報