コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スンダ族 スンダぞくSundanese

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スンダ族
スンダぞく
Sundanese

主として西部ジャワに居住する一民族。オーストロネシア語族インドネシア語派に属するスンダ語を用い,人口約 2585万と推定される。中部ジャワやスマトラ南部にも一部居住している。生業は大部分農耕に依存し,雨水田,灌漑田による稲作のほか,とうもろこしなどもつくる。また焼畑農耕も行われている。村はジャワ族の村より一般に大きく,数家族ごとに散在して居住する。出自は双系であり,核家族が基本的親族集団で,親族が日常生活で互助し合う。上層部では祖先志向的な親族集団がみられる。婚姻は一夫多妻婚はまれで,夫または妻の親元で暮すことが多い。大部分はイスラム教徒で,一般にジャワ族よりも熱心な信徒である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スンダぞく【スンダ族 Sundanese】

インドネシア,ジャワ島西部(北岸を除いた東経108゜以西)一帯に住む人びと。人口約2000万で,ジャワ族に次ぎインドネシア第2の民族集団を形成している。アウストロネシア語族に属するスンダ語を話し,大部分がイスラム教徒である。ジャワ族のイスラムが土着信仰やヒンドゥー教をまじえた混交的なものであるのに対して,スンダ族のイスラムは,多数を占めるジャワ族との対抗関係もあって,厳格な信仰を守ろうとする傾向が強い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

スンダ族の関連キーワードジャワバラット州インドネシアバドゥイ族バンテン州バンドンチルボン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android