コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーパー大回転 スーパーだいかいてん super giant slalom

翻訳|super giant slalom

4件 の用語解説(スーパー大回転の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーパー大回転
スーパーだいかいてん
super giant slalom

アルペンスキーの種目の一つ。滑降大回転の間をとった競技。滑降のスピード大回転の技術の両方を追求するもので,多彩な技術が要求される。 1988年のカルガリーオリンピック冬季競技大会から正式種目となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スーパー‐だいかいてん〔‐ダイクワイテン〕【スーパー大回転】

supergiant slalom》スキー種目で、滑降大回転の中間に位置するもの。大回転より、コースも長く、スピードも速い。スーパーG。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

スーパーだいかいてん【スーパー大回転】

スキーのアルペン競技の一。大回転競技の滑降の要素を強化し、コースを長くしてスピードを出しやすくしたもの。1988年にオリンピック種目となる。スーパー G 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スーパー大回転
すーぱーだいかいてん
super giant slalom

スキーのアルペン競技の一種。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスーパー大回転の言及

【スキー】より

…コースの標高差は男子250~400m,女子が250~350m,旗門の広さは4~8m,間隔は10m以上,旗門数は標高差の15%,2回の試技の合計タイムを競うのが原則である。さらに滑降に近い性格のものとして,ワールドカップではスーパー大回転を採用している。旗門の広さ6~8m,間隔は15m以上である。…

※「スーパー大回転」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スーパー大回転の関連キーワード大回転アルペン種目回転競技旗門ジャイアントスラローム大回転競技新複合競技アルペン競技FISアルペンスキーワールドカップアルペン複合

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スーパー大回転の関連情報