コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーパー大回転 スーパーだいかいてんsuper giant slalom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーパー大回転
スーパーだいかいてん
super giant slalom

アルペンスキーの種目の一つ。滑降大回転の間をとった競技。滑降のスピードと大回転の技術の両方を追求するもので,多彩な技術が要求される。 1988年のカルガリー・オリンピック冬季競技大会から正式種目となった。コースは,標高差男子 500~650m,女子 400~600m。旗門数は標高差の 10%。危険度が高く,ヘルメットの着用が義務づけられている。1回のタイムで順位を決める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スーパー‐だいかいてん〔‐ダイクワイテン〕【スーパー大回転】

supergiant slalom》スキー種目で、滑降大回転の中間に位置するもの。大回転より、コースも長く、スピードも速い。スーパーG。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スーパーだいかいてん【スーパー大回転】

スキーのアルペン競技の一。大回転競技の滑降の要素を強化し、コースを長くしてスピードを出しやすくしたもの。1988年にオリンピック種目となる。スーパー G 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スーパー大回転
すーぱーだいかいてん
super giant slalom

スキーのアルペン競技の一種。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスーパー大回転の言及

【スキー】より

…コースの標高差は男子250~400m,女子が250~350m,旗門の広さは4~8m,間隔は10m以上,旗門数は標高差の15%,2回の試技の合計タイムを競うのが原則である。さらに滑降に近い性格のものとして,ワールドカップではスーパー大回転を採用している。旗門の広さ6~8m,間隔は15m以上である。…

※「スーパー大回転」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

スーパー大回転の関連キーワードチェーティル・アンドレ オーモットアレクサンドラ マイスニッツァーヴィクトリア レーベンスブルクアクセル・ルント スヴィンダルアンドレア フィッシュバハーアクセルルント スヴィンダルクリストフ インネルホファーミカエラ ドルフマイスターイヴィツァ コステリッツヤニツァ コステリッツフリッツ シュトロブルジュリア マンクーゾ長野県北安曇郡白馬村ディディエ キュシュエリザベト ゲーグルディディエ デファゴアナ フェニンガーヘルマン マイヤーレナーテ ゲーチルアニヤ パーション

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スーパー大回転の関連情報