コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーパー大回転 スーパーだいかいてんsuper giant slalom

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーパー大回転
スーパーだいかいてん
super giant slalom

アルペンスキーの種目の一つ。滑降大回転の間をとった競技。滑降のスピードと大回転の技術の両方を追求するもので,多彩な技術が要求される。 1988年のカルガリー・オリンピック冬季競技大会から正式種目となった。コースは,標高差男子 500~650m,女子 400~600m。旗門数は標高差の 10%。危険度が高く,ヘルメットの着用が義務づけられている。1回のタイムで順位を決める。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スーパー‐だいかいてん〔‐ダイクワイテン〕【スーパー大回転】

supergiant slalom》スキー種目で、滑降大回転の中間に位置するもの。大回転より、コースも長く、スピードも速い。スーパーG。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

スーパーだいかいてん【スーパー大回転】

スキーのアルペン競技の一。大回転競技の滑降の要素を強化し、コースを長くしてスピードを出しやすくしたもの。1988年にオリンピック種目となる。スーパー G 。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スーパー大回転
すーぱーだいかいてん
super giant slalom

スキーのアルペン競技の一種。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスーパー大回転の言及

【スキー】より

…コースの標高差は男子250~400m,女子が250~350m,旗門の広さは4~8m,間隔は10m以上,旗門数は標高差の15%,2回の試技の合計タイムを競うのが原則である。さらに滑降に近い性格のものとして,ワールドカップではスーパー大回転を採用している。旗門の広さ6~8m,間隔は15m以上である。…

※「スーパー大回転」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スーパー大回転の関連キーワードチェーティル・アンドレ オーモットアレクサンドラ マイスニッツァーヴィクトリア レーベンスブルクアクセル・ルント スヴィンダルクリストフ インネルホファーアンドレア フィッシュバハーアクセルルント スヴィンダルミカエラ ドルフマイスターイヴィツァ コステリッツヤニツァ コステリッツフリッツ シュトロブルディディエ キュシュ長野県北安曇郡白馬村エリザベト ゲーグルディディエ デファゴジュリア マンクーゾアナ フェニンガーレナーテ ゲーチルアニヤ パーションヘルマン マイヤー

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スーパー大回転の関連情報