コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スー Sioux

翻訳|Sioux

デジタル大辞泉の解説

スー(Sioux)

アメリカ先住民の一部族。スー語族に属する諸部族全体をさすが、一般にはその中の最大部族ダコタをいう。北アメリカ中西部の平原に居住し、野牛狩猟生業とした。1860年以降、白人との抗争で激しい抵抗を示した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

スー

ダコタ族とも。アメリカ・インディアンの一部族。メキシコ以北でアルゴンキン系に次いで人口が多く(約5万人),スー語族中では最大の部族集団(もしくは連合)。ミシシッピ川西岸からアーカンソー州,ロッキー山脈沿いに,北はカナダのウィニペグ付近,東はサウス・カロライナおよびノース・カロライナ州,バージニア州に分布。
→関連項目ウーンデッド・ニー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

スー【Sioux】

北米先住民の一。バイソン狩猟を主とした。スー語系言語を話す人々全体をさすが、一般にはその中の最大グループであるダコタとラコタをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スー
すー

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスーの言及

【リーブル】より

…旧フランスの価格の単位。下位区分は,1リーブル=20スーsou(またはソルsol),1スー=12ドゥニエdenier。それぞれ,中世におけるラテン語の価格単位リブラlibra,ソリドゥスsolidus,デナリウスdenariusに対応する。…

※「スー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

スーの関連キーワード貴様いつまで女子でいるつもりだ問題ティツィアーノ スカルパフラワー・ドラム・ソングミャンマーの民主化運動ホントの恋の見つけかたエンスージアスティックスータウンピーパヤーウンデッド・ニー事件セントメアリーズ川三国争乱 春秋炎城シッティングブルブラック・ヒルズスー・フォールズスー・フォールズシティング・ブルサイ・エン・スースーセントマリーアウトローのO雨の日のジャズCOOL爆寒湯

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スーの関連情報