セイガイインコ(青海鸚哥)(読み)セイガイインコ(英語表記)lorikeet

翻訳|lorikeet

世界大百科事典 第2版の解説

セイガイインコ【セイガイインコ(青海鸚哥) lorikeet】

オウム目オウム科セイガイインコTrichoglossusの鳥の総称。全長19~30cmの中型のインコ。羽色は緑色,赤色,青色,紫色などよりなり,非常に鮮やかな色彩をしている。セイガイインコ類はヒインコ類の仲間で,細い舌の先端がブラシ状に分かれているのが特徴で,別名のハケシタインコはこれによる。この舌は,くちばしで花をかみつぶし,しみ出てきた花みつをなめとるのに適している。多くの種は森林の樹上に群れで生活し,食物を求めて大群で移動し,花みつ,花汁,果汁の多い柔らかな果実を主食としている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のセイガイインコ(青海鸚哥)の言及

【インコ(鸚哥)】より

…オウム科約320種の大部分を占め,羽色が美しく,ものまねがじょうずな種が多く,古くから飼鳥としても親しまれている。 大半の種はヒインコ(セイガイインコ)亜科とインコ亜科に属し,ヒインコ亜科はヒメインコ類とセイガイインコ(ハケシタインコ)類に,インコ亜科はヒラオインコ類,ロウバシインコ類,サトウチョウ類,カクビインコ類,クサビオインコ類に分けられている。ヒメインコ類4種は,小型のずんぐりした体つきのインコで,ニューギニアとその周辺の島に分布する。…

【オウム(鸚鵡)】より

…6種がニューギニアとその周辺の島に分布する。ヒインコ(セイガイインコ)亜科は羽色の美しいインコ類で,全長12~35cmの小・中型種を含む。舌の先端がブラシ状になっていて,花をかみくだき,みつをその舌でなめとる。…

※「セイガイインコ(青海鸚哥)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android