コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小スンダ列島 しょうスンダれっとう Lesser Sunda Islands

4件 の用語解説(小スンダ列島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小スンダ列島
しょうスンダれっとう
Lesser Sunda Islands

インドネシアではヌサトゥンガラ Nusa Tenggara (「東南の島群」の意) と呼ぶ。インドネシア南部,ジャワ島の東方から東西 1400kmにわたって連なる鎖状列島群。西からバリ,ロンボク,スンバワ,スンバ,フロレス,アロル,ティモール,ウェタルなどの島と,周辺の小島が含まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうスンダ‐れっとう〔セウ‐レツタウ〕【小スンダ列島】

Lesser Sunda Islands》インドネシア南東部、バリ島からティモール島に至る列島。火山が多い。大スンダ列島とあわせてスンダ列島とよばれる。ヌサトゥンガラ諸島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうスンダれっとう【小スンダ列島】

スンダ列島のうち、バリ島以東ティモール島までの島々。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小スンダ列島
しょうすんだれっとう
Lesser Sunda Islands

インドネシア東部、バリ島からチモール島まで東西に連なる列島。ヌサ・テンガラNusa Tenggara列島ともいう。全長約1500キロメートル。バリ島、ロンボク島スンバワ島コモド島フロレス島、ソロル島、アドナラ島、ロンブレン島、パンダイ島アロル島からなる北部島列と、スンバ島、サウ島、ロチ島、チモール島からなる南部島列に分けられる。北部島列は新期褶曲(しゅうきょく)山脈で、世界でもっとも火山活動が盛んな地域であるのに対し、南部島列は第三紀の丘陵性の山地で、地殻は安定している。気候は概してサバンナ気候の性格をもち、東に向かうほど乾燥度が強くなる。住民は島ごとに異なるが、東にいくほどパプア系の比率が大きく、人口が少なくなり、開発度が低くなる。行政上はバリ州、ヌサ・テンガラ・バラット州、ヌサ・テンガラ・チモール州に分かれる。なお、チモール島のほぼ東半分である東チモールは、1999年8月、独立の是非を問う住民投票で独立派が勝利、10月にはインドネシア国民協議会が独立を承認し、同年設立の国連東チモール暫定統治機構(UNTAET)の暫定統治下で独立への道を歩み、2002年5月東チモール民主共和国として独立した。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小スンダ列島の関連キーワードインドネシアブトゥン島インドネシア海溝ヌサトゥンガラ諸島レンボンガン島インドネシアの恋唄ガラム・ヌサンタラ・マイルド12タマンミニインドネシアビリトゥン[島]日本のインドネシア占領

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小スンダ列島の関連情報