コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンダナオ島 ミンダナオとうMindanao Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミンダナオ島
ミンダナオとう
Mindanao Island

フィリピン南部の島。面積9万 4630km2で,フィリピンではルソン島に次いで大きい。山がちで火山も多い。平坦地は南部にミンダナオ川,北東部にアグサン川の沖積平野があるほかは海岸沿いに断続するが,中央北部には広い高原,台地がある。熱帯季節風気候で年降水量は平均 2000mmであるが,地域差が大きい。 16世紀に沿岸部にイスラム教社会が形成されたが,20世紀に入るとビサヤ諸島などからキリスト教徒が移住し,おもに海岸の平坦地を占めた。現在は人口の 80%がキリスト教徒である。農業が主産業で,自給用のイネ,トウモロコシや換金用のマニラアサ,ココヤシ,ワタ,ラミー,カカオ,パイナップル,バナナ,コーヒーなどを栽培する。林業が盛んで,良質のラワン材を産する。鉱物資源も豊富であるが,シブゲの鉄鉱山などのほかは未開発地域が多い。ラナオ湖北方のマリアクリスティナ滝の電源開発をもとに,イリガンには重化学工業が立地している。中心都市は西端のサンボアンガ,南部のダバオ,コタバト,北東部のブトゥアン,カガヤンデオロなどで,いずれも港湾都市。周辺にある約 1000の小島を含めて 18州に分れる。州合計面積9万 7750km2。同人口 1396万 6000 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ミンダナオ‐とう〔‐タウ〕【ミンダナオ島】

Mindanao Island》フィリピン南部の島。ルソン島に次ぎ、同国で2番目に大きい。主な都市はダバオサンボアンガ。米、ココナツ、トウモロコシ、アバカマニラ麻)などを産する。西半部にはイスラム教徒が多い。20世紀初頭より他地域からの移住が続き、人口が大幅に増加した。面積約9万6000平方キロメートル。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ミンダナオとう【ミンダナオ島】

フィリピン南部の島。バナナ・マニラ麻・コプラなどを産出。西部にイスラム教徒が多い。中心都市ダバオ。面積9.6万平方キロメートル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミンダナオ島
みんだなおとう
Mindanao

フィリピン南部の大島。面積9万4627平方キロメートルで、同国ではルソン島に次ぐ。各種の構造方向をもつ島が結合して形成されたため、多数の湾やサンボアンガ半島、ダバオ半島などの出入りのある複雑な地形となっている。島内は一般に高地、卓状地が発達し、これに火山活動も加わる。最高点はアポ火山(2954メートル)。アグサン、ミンダナオの両大川がそれぞれ北方、西方に流れ沖積平野をつくるが、ことに後者中流部のコタバト平野は肥沃(ひよく)である。位置の関係上台風の被害は少ないが、雨はとくに東部地方に多い。
 民族分布はきわめて複雑で、原マレー系のバゴボ、マンダヤ、ブギノドン、タグバヌアなどは主として東半部に住み、焼畑、狩猟を行い、続成マレー系のマラナオ、マギンダナオ、タウスグなどはおもに中部から西部に居住し、早くからイスラム教に帰依(きえ)し、やがてキリスト教化したほかの民族集団と絶えず対立してきた。土地が広く人口が少ないため、人口過剰のほかの島の民族にとって絶好の移住地とされ、20世紀初頭からはフィリピンのフロンティアとして多数の人が移住した。人口も第二次世界大戦前の180万が1975年に854万、95年にはミンダナオ島の主要5行政区の合計で1426万、2000年には同1604万と激増している。主たる産業は農業で、米、ココナッツ、トウモロコシ、アバカ、パイナップル、ゴム、キャッサバなどが栽培される。またラワンなどの林産物が豊かで、アグサン川やダバオ湾沿岸の港から日本などに積み出されるが、乱伐による自然破壊、資源枯渇が大きな問題となっている。金、銀、鉄、石炭などの鉱物資源も開発されている。おもな都市は、ダバオ、サンボアンガなど。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミンダナオ島の関連キーワードエムデン海淵・エムデン海渕アグサンデルノルテ州スリガオデルノルテ州ヒボックヒボック山新人民軍(NPA)アグサンデルスル州スールー[諸島]サンギヘ[諸島]カガヤンデオロパソナンカ公園フィリピン諸島サンタクルス島フィリピン海溝タラウド諸島キリスト教徒シアルガオ島ピラール要塞エムデン海淵レークセブセレベス海

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミンダナオ島の関連情報