コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロイカ トロイカ〈ロシア〉troyka

デジタル大辞泉の解説

トロイカ(〈ロシア〉troyka)

ロシアの3頭立ての馬車。あるいは馬そり。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

トロイカ

ロシアで普及していた3頭立ての馬で引く馬車または橇(そり)。本来は数字の3を意味するtriから派生した語。18世紀末以降,駅逓馬車として使われたため広く親しまれ,多くの民謡に唄われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

トロイカ

日本の唱歌の題名。ロシア民謡に基づく。作詞:楽団カチューシャ。原曲は恋人を奪われた青年の悲しみを歌ったもの。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

トロイカ【troika】

ロシアの三頭立ての馬そり。雪のないときは馬車に仕立てる。
三者で運営すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トロイカ
とろいか
тройка troyka 

もとはロシア語の「三点」の意であったが、これが転じて、三頭立てのロシアの馬車をいう。一般に三頭の馬が並列に並び、中央の馬が木製輓具(ひきぐ)をつけ、両側が補助的役割をする。中央の馬の後ろに御者台と幌(ほろ)のついた座席があり、積雪の際は車輪を外して幌をつけたまま大きな橇(そり)にのせて走らせる仕組みになっていた。
 ロシア民謡に歌われその名は広く知られているが、ビャーゼムスキー作詞・ブラホフ作曲の『トロイカ』、ツィガノーフ作詞・グリンカ作曲の『トロイカはひた走る』が有名。[上野文枝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トロイカの関連情報