コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイヨウミザクラ(西洋実桜) セイヨウミザクラPrunus avium; cherry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セイヨウミザクラ(西洋実桜)
セイヨウミザクラ
Prunus avium; cherry

バラ科の落葉高木で,高さ 20mに達する。西南アジア原産で古くからヨーロッパ各地で栽培され,多くの品種があり,日本には明治初年に渡来した。寒冷地に適し,おもに山形,福島,北海道,山梨の諸県に栽培される。春,葉に先立って白色5弁の花を開く。果実は俗にオウトウ,またはサクランボと呼ばれ,球形で1~3個が束になり細長い柄で垂れ下がる。多肉で果汁に富み甘ずっぱい。紅色または黒紅色に熟し,中に核をもつ。初夏の果物として愛好され,生食するほかに缶詰として菓子や料理の材料にする。なお,オウトウ (桜桃) の名は本来は中国原産の別種ミザクラ (実桜) に対する漢名である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セイヨウミザクラ(西洋実桜)の関連キーワードミザクラ(実桜)サクラ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android