コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セカンドキャリア せかんどきゃりあsecond career

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セカンドキャリア
せかんどきゃりあ
second career

会社員や公務員が定年退職後に、女性が出産や育児の後に、また、スポーツ選手が引退後などに従事する第二の職業のこと。典型例がスポーツ選手の転職で、実力不足やけがなどにより若くして引退する場合には、指導者に転ずることはむずかしい。そのため、それまで専念していたスポーツとはまったく異なる分野の仕事に転職する必要も出てくる。しかし社会経験が少ないため、自ら転職先を探すのは容易ではないことから、Jリーグなどではセカンドキャリアを斡旋(あっせん)するプログラムを運用している。スポンサー企業が引き受け先となる場合が多いが、地元企業など一般の会社への転職も支援している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

知恵蔵の解説

セカンドキャリア

第二の職業。プロスポーツでは、引退後の仕事を意味する。Jリーグでは、セカンドキャリア支援のために、キャリアサポートセンター(CSC)を2002年4月にスタートさせた。CSCは、短期対策として受け入れ企業情報の充実、中・長期対策として選手教育(啓蒙、動機付け)の継続、を掲げている。2006年現在は、現役選手へのインターンシップ紹介や求人先企業の開拓、Jリーグ選手だけを対象とした合同トライアウトの実施、コーチ採用情報の開示等、引退前の選手に対し具体的な活動を展開している。スポーツ選手の就労支援は民間会社の事業対象にもなり、教育事業を展開する「ヒューマン・スポーツエンターテイメント」が「キャリアサポートセンター」を、人材支援のパソナが「パソナスポーツメイト」を設立するなど、関心はスポーツ界の外に広まっている。

(原田宗彦 早稲田大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

人事労務用語辞典の解説

セカンドキャリア

中高年の定年退職後や女性の子育て後、またはプロスポーツ選手の引退後の、「第二の人生における職業」のことをいいます。
(2008/7/18掲載)

出典|『日本の人事部』人事労務用語辞典について | 情報

セカンドキャリアの関連キーワード転進支援制度清水宏保中高年

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セカンドキャリアの関連情報