コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セスジムシ セスジムシ Rhysodes crassiusculus

2件 の用語解説(セスジムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セスジムシ
セスジムシ
Rhysodes crassiusculus

鞘翅目セスジムシ科。体長7~8mm。体は黒褐色,細長い円筒状で,頭部は小さく,Y字形の溝をもつ。触角は短くじゅず状で,複眼は突出する。前胸は長卵形で背面に3条溝がある。上翅はあらい点刻のある条溝をそなえ,両側はほぼ平行する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セスジムシ
せすじむし / 背条虫

昆虫綱甲虫目セスジムシ科Rhysodidaeに属する昆虫の総称。世界各地の森林地帯に分布し、およそ200種ほどが知られ、日本からは10種記録されている。小さく細形の堅い甲虫で、頭胸背面には深い縦溝があり、上ばねにも条溝か強い点刻列がある。触角は短く数珠(じゅず)状。色は赤褐から黒褐色、光沢がある。成虫も幼虫も朽ち木にすみ、動作は鈍い。日本で多いのはトビイロセスジムシRhysodes comesとホソセスジムシYamatosa niponensisで、いずれも朽ち木の皮下にみられるが、他の種は少ない。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セスジムシの関連キーワード筋星虫背条露虫草鞋虫セスジムシ(背筋虫)ホシカメムシ(星亀虫)ワラジムシ(鼠姑)チャイロセスジムシトビイロセスジムシホソセスジムシヤマトセスジムシ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone