コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セミエビ セミエビScyllarides squamosus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セミエビ
Scyllarides squamosus

軟甲綱十脚目セミエビ科。体長 30cmに達する大型種。甲は黄褐色と赤褐色のまだら模様で,多数の粒状突起と短毛で覆われている。頭胸甲は盛り上がらず,縦長の長方形。前方に板状の第2触角柄が突出する。胸脚は短くて歩行に適し,第5脚だけが鋏になっている。房総半島以南の水深 20mぐらいの岩礁底に多く,インド西太平洋海域に広く分布する。近縁種のコブセミエビ S. haani は体長 50cmに達し,腹部の第2~4節背面にこぶ状隆起がある。両種ともイセエビ用の網にかかり食用とされるが,個体数はあまり多くない。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セミエビ
せみえび / 蝉蝦
slipper lobstershovel-nosed lobster
[学]Scyllarides squamosus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目セミエビ科に属する大形のエビ。体長30センチメートルを超える。イセエビ用の刺網にかかり、食用とされるが、漁獲量は多くない。房総半島以南の水深30メートルくらいまでの岩場にすみ、広く南太平洋、インド洋まで分布している。背腹にやや扁平(へんぺい)で、甲が著しく硬い。頭胸甲は輪郭が縦長の長方形で、多数の粒状突起と短毛で覆われている。第2触角は板状。歩脚は短く、第5胸脚のみはさみをもつ。赤褐色で、第1腹節に紫褐色の丸紋が1対ある。近縁種のコブセミエビS. haaniは、体長50センチメートルになる大形種で、第2~第4腹節の背面にこぶ状の隆起がある。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セミエビの関連キーワードゾウリエビ(草履海老)ウチワエビゾウリエビ草履蝦蝉蝦甲類

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セミエビの関連情報