コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セリカ セリカSerica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セリカ
Serica

前1世紀頃から,ギリシア人,ローマ人が用いた中国の名称。また中国人をセレス Seresと呼んだ。これらの名称は中国の特産物であった絹に基づいており,絹の産出国および絹の産出者の意であるが,それらの語源については諸説がある。ポンポニウス・メラ,プリニウスプトレマイオス,アミアヌス・マルケリヌスなどにセレスに関する記述があり,その国は広大で人口稠密であり,人の住みうる世界のはてであり,生糸を第1として,絹織物,毛皮,鉄の産地であると述べている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

セリカ

トヨタ自動車が1970年から2006年まで製造、販売していた乗用車。2ドアクーペ。スポーツカー風の外観を持ち、若い世代を中心に人気を博した。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内のセリカの言及

【絹織物】より

…しかし清代康熙年間(1662‐1722)以後,イギリスの中国貿易が盛んになると絹織物にかわって茶の輸出が激増し,やがて日本,西欧の絹織物業が発達し,輸出額がしだいに減少することになった。【佐藤 武敏】
[世界各地への伝播]
 古代ローマで中国を呼ぶのにセリカSerica(絹の国)の名が当てられたように,中国の絹織物は重要な交易品として,古く漢代以前からシルクロードの陸路を経て,また南海の海路によって遠く国外に輸出された。アルタイ東部のパジリクから出土した戦国時代の絹の刺繡や,シリアのパルミュラ出土の漢代錦,そしてシルクロードの各地点から出土した漢~唐代の多量の絹織物は,その経緯を伝えるものである。…

※「セリカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セリカの関連キーワードC.P. ポラックカナダ国立バレエ団セレス(中国人)トヨタ自動車セリカXX手塚香織彼方茜香カレン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セリカの関連情報